東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

【極める!】2019冷やし麺 10杯目

【これまでの制覇リスト】
2019年06月08日「味六」
2019年06月12日「富士そば秋津店」
2019年07月11日「揚子江」
2019年07月16日「東京餃子食堂 久米川店」
2019年08月14日「故郷(ゴウヒャン)」
2019年08月22日「すぱいす」
2019年09月03日「麺場 二寅(ふとら)秋津本店」
2019年09月04日「竹屋 新秋津店」
2019年09月12日「丸哲」



 気が付けば、9月も半ば過ぎ。暑さも一段落という感じだ。「今年は20杯食べよう」と意気込んでいたのだが、どうやら去年と同じ、10杯で終わりそうだ。
 ということで、今年最後の冷やし麺を食べるため、私が向かったのは……。

KIMURAYA59

 久米川駅南口の創作料理店「KIMURAYA59」だ。このお店は毎月、お店のフェイスブックページで「今月のランチメニュー」を紹介しているのだが、9月のメニューの中にちょっと面白い冷製パスタがあったんだよね。

 お店に入り、席に座ると早速、ランチメニューをチェック。

9月のランチメニュー

 一番上にある「シャインマスカットと梨のカッペリーニ」が気になったんだよね。パスタというより、何だかデザートっぽいでしょ。

ランチセットは3種類

 ランチセットは3種類。デザートの付いたCセット(1200円)にしようかなと思ったけど、今回はパスタがデザートっぽいから、Bセット(980円)にしてみた。

オードブルサラダ

 まず運ばれて来たのは、オードブルサラダ。これが何とも贅沢感とボリュームがあり、いいんだよねぇ。

メンチカツが超旨かった

 特に旨かったのは、お店でつくっている手づくりメンチカツ。サラダなんだけど、このメンチカツは温かくて、食べるとジューシー。ワインが欲しくなるよ(笑)。

 オードブルサラダを食べ終えると、来た、来た、来ましたよ。

シャインマスカットと梨のカッペリーニ

 これが「シャインマスカットと梨のカッペリーニ」。細いカッペリーニが見えるから、かろうじてパスタと認識できるけど、パッと見た感じは、やっぱりデザートだよね。

シャインマスカットがキラキラしている

 いやあ、シャインマスカットがキラキラしてるよ。だから「シャインマスカット」って言うのかな?(笑) 旨そうだけど、どんな味なのかサッパリ想像がつかない。

それではいただきま~す

 では、フォークでクルクルッとカッペリーニを巻いて、いただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 何だろう。「甘い」、「辛い」、「酸っぱい」で分けると、「甘い」部類に入るんだけど、その甘さは「ほんのり」という感じ。冷たくてスッキリ、サッパリした味わい。シャインマスカットはもちろん甘いんだけど、プチトマトが意外と甘くてビックリ。梨の甘酸っぱさがまたいいんだよね。これは絶妙な組み合わせだね。

完食

 あっと言う間に完食。おかわりしたいぐらい(笑)。

食後のコーヒー

 食後にコーヒーをいただいてひと息。
 冷製パスタって旨いよね。今年の冷やし麺のいい〆になったなぁ。
 ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-6-4
電話:042-306-1859
営業時間:午前11時30分~午後2時30分、午後6時~深夜0時
定休日:不定休
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。



[ 2019/09/19 19:16 ] 【洋食全般】 KIMURAYA59(栄町) | TB(-) | CM(0)

酸味の効いたハンバーグ

 久米川駅南口の、バス通りと桜通りの交差点の一角で頑張っていたフランス料理店「ビストロ・ラ・プロヴァンス」が惜しまれつつ閉店したのは、2016年の夏のこと。その後、2016年10月に洋食店の「Kitchen くら」がオープンしたのだが、2018年にいつの間にか閉店してしまった。
 しばらく「テナント募集」の貼り紙が出ている状態が続き、「この場所、どうなるんだろう?」と思っていたら、2019年3月1日に新しい飲食店がオープンした。
 それが今回紹介する「bistro らぐ~」だ。

bistro らぐ~

 店名に「bistro(ビストロ)」という言葉が入っているし、テント屋根や入り口横の大きな垂れ幕にワイングラスのマークが入っていることから、カジュアルフレンチとお酒が楽しめるお店みたい。
 でも、入り口前に出ているランチメニューの置き看板を見ると……。

ランチメニュー

 ちょっと洋食店っぽい感じがする。「らぐ~」という、ひらがなで書かれた緩いイメージの店名からして、目指しているのはバルとかダイニングバーではなく、「お酒も飲める、気軽な洋食店」という感じがする。

 お店に入ると、テーブルの配置などは以前と少し変わったものの、奥に厨房がある基本構造に変わりはない。
 この日の「ハンバーグ」(980円)は「和風ハンバーグ」ということだったので、私はそれをいただくことにした。

スープとサラダ

 まず最初にサラダとスープが運ばれて来た。それを食べ終わるころに……。

ライスと和風ハンバーグ

 ライスと和風ハンバーグが到着。へぇ、和風ハンバーグはミニフライパンに乗って出てくるんだ。

これが和風ハンバーグ

 ハンバーグは見た目、小さく感じるけど、よくよく見るとかなり厚みがある。大根おろしがたっぷり乗っているのもうれしいね。

ハンバーグが分厚い

 では、ハンバーグをナイフで切って……おおっ、やっぱり分厚い!
 ソースをたっぷり絡め、大根おろしを少し乗せて、いただきま~す……。

ん? (゚д゚lll) んんん!!

 これまで食べて来た「和風ハンバーグ」からイメージする味と違って、戸惑ってしまった。
 和風ハンバーグにはポン酢が使われることがあり、多少の酸味はあるものの、基本的には甘辛い味わいのモノが多いと思う。でもこのソースは、まるで酢豚のように酸味がガツンと効いているのだ。
 最初は想像と違う味で、ちょっと戸惑ったけど、二口、三口と食べていくと……。

コレ、旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 たぶん、人によって好みは分かれると思うけど、私はこの味、気に入ったなぁ。

食後にコーヒーが付く

 食後にはコーヒーか紅茶が付く。私はコーヒーをお願いした。
 いやあ、今回の「和風ハンバーグ」にはビックリしたなぁ。何だかほかの料理もこんな感じで、ひと工夫もふた工夫も凝らされている気がするなぁ。今度はランチメニューの「本日のカレー」(880円)を頼んでみようかな。また意外なモノが出てきたりして。
 最近、増殖しているインド・ネパール料理店とはひと味違うカレーが出てくるとうれしいな。楽しみ、楽しみ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-32-6
電話:042-202-1008
営業時間:午前11時30分~午後2時30分/午後6時~深夜0時(祝日は午後11時まで)
定休日:日曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




熱々ドリアをウキウキ気分で堪能

 今は何でも食べられるし、大体のモノは家でつくることができる。だからウチの子どもたちもそうだと思うけど、今どきの子どもに“あこがれの食べ物”って、そうそうないんじゃないかと思う。

 私は家が裕福じゃなかったから、例えばたまに親父が買って来たりする、持つところがアルミホイルで包まれたローストチキンなんか、「うわっ! ごちそうだ!」という感じだったね。“あこがれの食べ物”はほかにもいろいろあったなぁ。今ではどうしてそう思っていたのかわからないんだけど、自分の中で「お金持ちの食べ物」と思っていたのが、グラタンとドリアなんだよね。今ではどちらも手軽な料理なんだけど、今から45年以上も前の小学生時代には、何となくキラキラしたオシャレな食べ物に思えたんだよね。


 まあ、そんなことを回想しながら、のんびりと3月の、ある天気のいい日に散歩をしていた私。気が付くと、八坂駅あたりまで歩いていた。「ここまで来たなら、久しぶりにあのお店に行ってみるか」と向かったのは……。

kitchenひまわり

 八坂駅から歩いて1分とかからないところにある洋食店「kitchenひまわり」。オープンしたのは2014年だから、もう5年になるんだね。

 ちょうどランチタイムだったせいもあるけど、お店に入ると、ほぼ満席状態。2人掛けのテーブル席が空いていたので、私はそこに案内された。

ランチメニュー

 ランチメニューはこんな感じ。前回は「ハンバーグ」を食べたんだよなぁ。

季節のメニュー

 こちらは「季節のメニュー」。カキの料理がいろいろあって、そそられるなぁ。
 何となくドリアの気分になっていた私。となると、「シーフードドリア」(1100円)、「きのこドリア」(900円)、「カキドリア」(1100円)の3択となる。迷ったけど、私は懐具合を考えて「きのこドリア」をチョイスした。

サラダ

 まずサラダが運ばれて来て、

スープ

 続いてスープが運ばれて来た。ゆっくり食べたつもりだけど、食べ終えてもメインの「きのこドリア」は来ない。時間のかかる料理だから、仕方ないよね。
 スマホをいじりつつ待っていると、来ました、来ました。

きのこドリア

 表面がこんがりとキツネ色になった「きのこドリア」。チーズの焦げた香りがたまらない。旨そうだなぁ。

まだグツグツしてる

 お皿の縁を見ると、まだグツグツとしている。湯気は立ってないけど、中は相当に熱々という感じだ。

熱々をいただきま~す

 それではスプーンを突き入れて、いただきま~す……。

熱々じゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

でも旨いッO(≧∇≦)O!!!

 家では子どもたちにドリアをつくることはあるんだけど、自分で食べるのは久しぶりだなぁ。
 何か変な話だけど、子どものころにあこがれていた食べ物だけに、ひと口食べるごとにウキウキ気分になってしまう。食べながらニヤニヤしてたから、きっと周りの人は「気持ち悪い」と思ったろうなぁ(笑)。
 ボリュームがあるから、食べ終えるとお腹いっぱい。お腹もそうだけど、気持ちもすごく満たされた感じ。ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町3-18-27
電話:042-397-3883
営業時間:ランチタイム午前11時~午後3時/カフェタイム午後3時~6時/ディナータイム午後6時~10時
定休日:火曜・第3水曜
店内禁煙
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




幅広でモッチモチ!満腹になるパスタ

 それほどお腹は空いてなかったけど、お昼時なのでランチを食べに出かけた私。「軽く済ませよう」と思って向かったのは……。

KIMURAYA59

 久米川駅南口の創作料理店「KIMURAYA59」

3月のランチメニュー

 こちらが3月のランチメニュー。A、B、Cの3種類のランチセットを選び、メイン料理は4種類のパスタと「ポークカレー」、そして「日替りピザ」の中から選ぶスタイルだ。
 私はCセット(1200円)を選び、メインは「塩豚肉のトマトソース(レジネッテ)」と「ヤリイカと新玉ねぎのバジルソース(リングイネ)」で迷ったけど、前回、バジルソースのリングイネを食べているから、違うモノをと思い、「塩豚肉のトマトソース(レジネッテ)」をチョイスした。

コーヒー

 コーヒーはおかわり自由ということなので、最初にいただくことに。コーヒーを飲みつつ、待っていると……。

オードブルサラダ

 まずはオードブルサラダが到着。いやあ、これはいろいろ乗っていていいね。これをツマミにグラスワインでも飲みたくなるけど、我慢、我慢(笑)。
 オードブルサラダを食べ終えてしばらくすると、来ました、来ました。

塩豚肉のトマトソース

 これが「塩豚肉のトマトソース(レジネッテ)」。お皿の大きさに対して、パスタの量がちょっと小ぢんまりとしているように見えるけど、まあ、この日の私はそれほどお腹が空いているワケではなかったので、「これで十分」と別に気にしなかった。だけど、食べると、実は「これで十分」なんて思うほど生易しくなかったんだよね(笑)。

幅広だけど厚みもある

 レジネッテは初めて食べるんだけど、幅広で縁にウェーブがあるんだね。ではいただいてみますか……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 そして次に感じたのが、意外とボリューム感があるということ。改めてもう一度レジネッテを見ると、幅広であることに目が行って気づかなかったけど、意外と厚みがあるんだね。だからモッチモチでボリューム感があるんだね。

塩豚肉は香ばしい

 上に乗っている塩豚肉は、口に入れると焼いた香ばしさが広がり、旨い。上に乗っているモノ以外にも、パスタの中に細かく切られた塩豚肉が入っていて、食べ終えると、軽く済ますつもりが、結構お腹いっぱいになってしまった。

デザートのパンナコッタ

 まあ、お腹いっぱいになったと言っても、デザートは別腹ですから(笑)。グレープフルーツの乗ったパンナコッタをペロリと食べ、おかわりしたコーヒーをゆっくりと飲んで、ごちそうさま。
 次回は「5食限定」という「日替りピザ」を食べてみるかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-6-4
電話:042-306-1859
営業時間:午前11時30分~午後2時30分、午後6時~深夜0時
定休日:不定休
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/03/09 05:00 ] 【洋食全般】 KIMURAYA59(栄町) | TB(-) | CM(0)

モチモチの自家製パスタに舌鼓

 9月に取材したモノだから、9月のうちに紹介したかったのだけど……すみません。

 9月初旬、仕事休みのカミさんと「今日は外でランチしようか」ということで、一緒に久米川駅南口周辺をブラブラと歩いてみた。「どうせなら行ったことのないお店がいいかな」と思い、向かったのが今回紹介する創作料理店「KIMURAYA59」だ。自家製の生パスタとピザがウリらしい。

KIMURAYA59

 場所はスーパーの「西友」と本屋の「丸山書房」の間の通りを200メートルほど歩いた先の右側にある。韓国料理店の「韓亭」があった場所と言った方がわかる人は多いかもしれない。

9月のランチメニュー

 9月のランチメニューはこんな感じ。


1.ナスとベーコンのトマトソース(レジネッテ)
2.秋さんまと舞茸の和風味(リングイネ)
3.チキンとコーンのつぶマスタードクリームソース(レジネッテ)
4.冷製あさりの和風味(リングイネ)
5.ポークカレー
6.日替わりピザ



 で、このランチメニューから1つ選んで、次の3つのセットから選択するのがこのお店のランチ。


Aセット(850円)……サラダ+ランチメニューの1品
Bセット(980円)……オードブルサラダ+ランチメニューの1品+ドリンク
Cセット(1200円)……オードブルサラダ+ランチメニューの1品+ドリンク+デザート



 カミさんは「秋さんまと舞茸の和風味(リングイネ)」、私は「冷製あさりの和風味(リングイネ)」を選んで、2人とも「Cセット」にしようと思っていたのだが……

こんなメニューもあるみたい

 メニューの下からこんな紙が出てきた。
 店名にちなんだ「59パスタ」なるランチメニューがあり、ナント、サラダ付きで590円なのだという。9月の「59パスタ」は、「バジリコソースのリングイネ」。
 参ったなぁ。私、バジリコソースが大好きなんですよね。ということで、「冷製あさりの和風味(リングイネ)」に決めかけていたのをやめて、「59パスタ」を注文することにした。

 しばらくしてサラダが運ばれて来た。

「59パスタ」のサラダ

 これは「59パスタ」のサラダ。

ランチのサラダ

 そしてこれ「Cセット」のオードブルサラダ。なるほど、こういう違いなのね。

バジリコソースのリングイネ

 そして来た、来た! これが9月の「59パスタ」、「バジリコソースのリングイネ」。
 ランチのパスタは通常は100gなんだけど、無料で150gにできるのだという。だから私は150gでお願いした。
 お皿が大きいから多く見えないかもしれないけど、結構なボリュームだ。そしてお皿から漂うバジルの香り! たまんないね。旨そうだ。

カミさんの頼んだ「旬さんまと舞茸のリングイネ 生姜風味」

 こちらはカミさんが頼んだ「秋さんまと舞茸の和風味(リングイネ)」。これも彩りがよくて旨そうだ。

シンプルだけど旨そう

「バジリコソースのリングイネ」は、考えてみれば具材は入ってない。リングイネにバジリコソースを絡めてチーズを振り、バジルの葉を乗せているだけ。でも、このお店のウリである自家製パスタを味わうなら、こういうシンプルな方がいいと思うんだよね。
 ということで、フォークでクルクルッと、やや平たいリングイネを巻き取ってからパツクンチョ……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 リングイネがモッチモチ。バジリコソースがよく絡んでいて旨い。いやあ、これなら、この2倍の量でもペロリとイケちゃうよ。

サービスでいただいたキウイのアイス

 この日は「Cセット」のデザートであるパンナコッタが品切れということで、キウイのアイスになったのだが、なぜか私にもサービスで出してくれたりして……ラッキー!

コーヒーで〆

 カミさんが頼んだ「Cセット」にはドリンクが付いているけど、私が頼んだ「59パスタ」にはドリンクが付かないので、コーヒーを追加注文。
 夫婦一緒にひと息ついてからお店を出たのだけど、あのモチモチの自家製パスタは旨かったなぁと2人とも満足。夜にはいろんなメニューがあるというから、今度は夜に行ってみようかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-6-4
電話:042-306-1859
営業時間:午前11時30分~午後2時30分/午後6時~10時30分
定休日:不定休
フェイスブックはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




[ 2015/10/08 09:30 ] 【洋食全般】 KIMURAYA59(栄町) | TB(-) | CM(0)

シニア喰ライマーの挑戦 その2

【これまでの挑戦リスト】
2014年05月04日「麺屋 心元」



 最近は体のことを考えて、努めてあまり食べ過ぎないように気をつけている私。この日もたまたま子どもたちと府中街道沿いにある久米川町の「TSUTAYA」でDVDを借りた帰りに、「お昼ご飯を食べようか」と近くのファミレス「びっくりドンキー 東村山店」に寄ったんだよね。

 普通に「バーグディッシュ」を食べようと思いつつメニューを見ると……。

「絆MAX」って何?

 ん? 何だ、この「絆MAX」って? 「詳細はブック型メニューを御覧下さい」と書いてあるので、開いてみると……。

最強の親子がやって来た。求ム、挑戦者(チャレンジャー) 
絆MAX 
450g=150g+300g


とドーンと書いてある。通常の「バーグディッシュ」には150gと300gがあるんだけど、「絆MAX」はこの2種類のハンバーグを「親子」に見立てて、重ねて450gにしたモノらしい。名づけて「親子バーグディッシュ」。

 ふーん、「最強の親子」ねぇ……ここで久しぶりに“シニア喰ライマー魂”に火がついた私。

「食ってやろうじゃないの!」

 子どもたちの「エッ、パパ、これ食べるの?」という声を聞き流しつつ、私は「親子バーグディッシュ(おろしそ)」(1547円)と味噌汁(138円)を注文した。

「親子バーグディッシュ(おろしそ)」と味噌汁

 これが「親子バーグディッシュ(おろしそ)」。

これが450gの「親子バーグディッシュ(おろしそ)」

 まあ、1プレートに入るんだから大したことはない。

300gのハンバーグの上に150gのハンバーグが乗っている

 とは言うものの、さすがに2段重ねは迫力あるよね。
 それでは、いただきま~す……いやあ、久しぶりにこのお店のハンバーグを食べるけど、旨いねぇ。最近は牛肉100%をウリにするハンバーグが増えたけど、牛肉100%が好きならステーキを食べればいいと思うんだよね。私は豚肉が入った方が好きだなぁ。そういう意味では、このお店のハンバーグって自分好みなんだよね。
 なんて思いつつ、旨い、旨いと食べ進み……。

まあ、余裕で完食かな

 余裕で完食。子どもたちよりも早く食べ終わっちゃったよ。これならもう少し食べられるなぁ。というか、ちょっと足りないなぁ。
 でも、これでやめておいた方が自分のためだよなぁ……何となく不完全燃焼で終わった今回の“喰ライム”だったのであった(笑)。




【DATA】
住所:東村山市久米川町5-2-3
電話:042-399-7140
営業時間:午前11時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





食べ応えのあるハンバーグ

 八坂駅の改札口を背にして府中街道を小平方向に進むと、歩道に置き看板が……。

歩道にこんな看板が

「本日のランチ」か。こんなところにお店って……ああ、そうか。2014年3月22日に大好きだったイタリア料理店「Collinetta(コリネッタ)」が閉店し、そのあと違うお店がオープンしたんだっけ。ちょうどお腹も空いているし、入ってみるかな。
 置き看板の少し先の路地に入ると、目指すお店が目に飛び込んで来た。それが今回紹介する洋食店「Kitchenひまわり」だ。

Kitchenひまわり

 さすがに看板は変わっているけど、あとは「Collinetta」の時と変わらないかな。 早速、お店に入ってみますか。
 店内レイアウトもほとんど変わってない感じだ。
 オープンしたのは、2014年8月13日。私が入った時はすでにお客さんがいて、その後も数組、お客さんが入ってきた。結構、繁盛しているようだ。

 ランチメニューはこんな感じ。


*シーフードドリア(1000円)
*ナスのドリア(800円)
*カレードリア(800円)
*オムライス シェフの気まぐれソース(800円)
*ナポリタン(800円)
*ふわたまパスタ(800円)
*チキンコーンクリームパスタ(850円)
*ナスとトマトのパスタ(850円)
*ミックスピザ(900円)
*ハンバーグ 目玉焼きorチーズ(900円)
*豚のしょうが焼き(950円)
*リブステーキ 200g(1500円)



 これに先ほど表の置き看板で見た「本日のパスタ」が加わるワケだ。ランチにはすべてサラダと、スープまたはドリンクが付く(肉料理にはさらにライスまたはパンが付く)。

 私は迷った末、「ハンバーグ」を頼むことにした。トッピングはもちろん「目玉焼き」だ。タマラーですから(笑)。
 スープとドリンクは、スープの方を選んだ。

サラダ スープ

 まず運ばれて来たのは、サラダとスープ。スープは温かいカボチャのポタージュだった。寒かったから、このスープは旨かったなぁ。

目玉焼きハンバーグ

 そこへ来ました、ライスとハンバーグ。お皿が大きいから、ハンバーグが小さく見えるかもしれないけど……。

旨そうじゃないの

 こうして見ると、割と大きいし、厚みがあるのがわかると思う。かかっているソースがまた、いろんな野菜が入っている感じで旨そうだ。

肉がギッシリ

 ハンバーグを切ってみると、肉汁こそドバーッと出ないけど、この断面を見てわかるように、肉がギッシリ。口に入れると、ほど良い弾力感とともに肉の旨味が広がる。ソースも思った通り、旨い。

黄身を割るとトロ~リと流れ出る

 3分の1ほど食べたところで、黄身にナイフをブスリ。トロ~ッと流れ出る黄身が超旨そう。この黄身が極上のソースになるんだよね。

黄身をたっぷり付けて…

 たっぷりとハンバーグに黄身を付けてから、パクリッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、この味はたまらないね。ハンバーグと目玉焼きは最強コンビだよ。
 次は「シェフの気まぐれソース」というのが気になるから、「オムライス」を食べてみようかな。タマラーだしね(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町3-18-27
電話:042-397-3883
営業時間:午前11時~午後2時30分、午後5時30分~10時
定休日:火曜・第3水曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





懐かしさを感じさせるモーニングセット

 先日、「多摩北部医療センター」に行く用事があった私。「どうせだから、ココで朝ごはんを食べるか」と、2階にあるカフェレストラン「bien mall(ビアンモール)」に行ってみた。

今回は洋食の「モーニングセット」を頼むことに

 前回は和食の「朝食セット」を食べたので、今回は洋食の「モーニングセット」(430円)を頼むことにした。

これが「モーニングセット」

 これが「モーニングセット」。メインプレートには厚切りのトーストにポテトサラダと野菜サラダ。これにコーヒーと茹で玉子が付く。昔の喫茶店で出していたモーニングって感じ。何とも懐かしさを感じさせるラインナップだ。特に茹で玉子と、アイスクリームをすくう時に使うディッシャーで盛りつけたポテトサラダに、たまらなく郷愁を感じてしまう。

 野菜サラダにはドレッシングがかかっているけど、これは私がかけたもの。出来上がった「モーニングセット」を受け取る際、数種類のドレッシングの中から自分で選んでかけられるようになっているのだ。

厚切りのトーストが旨い

 何の変哲もない厚切りトーストなんだけど、これが意外と旨かった。
 朝からガッツリ食べたい人には全然物足りないだろうけど、私にはこれくらいでちょうどいい感じ。ごちそうさまでした。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


「多摩北部医療センター」に行ったのは、もちろん体を診てもらうため。昨年3月に左の腎臓の摘出手術をしたあと、実は私、全く病院に行ってなかったんですよね(汗)。で、最近、どうも疲れやすさを感じるモノだから、「ひょっとしたら腎臓が1つない影響かな?」と思い、ちょっと気になって検査に行ったんですよ。血液検査やら尿検査やらCT検査やらをして、この日はその検査結果を聞きに来たワケ。

 気になる検査結果はというと……大丈夫でした!
 がんの再発なんてことになってたらどうしようと思ったけど、ホッとしました。だけど担当の先生からは、

「何もなくてよかったけど、早期とは言え、がんだったんだから、ちゃんと半年に1回は検査に来てくれないと困ります」

と言われてしまった。で、シッカリ半年後の検査予約も入れられてしまった。まあ、自分の体なんだから、ちゃんとケアしないとね。
 だけど、再発とかなくて、本当によかったよ。




【DATA】
住所:東村山市青葉町1-7-1 多摩北部医療センター2階
営業時間:平日は午前7時~午後7時/土・日・祝日は午前11時~午後7時
モーニングは平日の午前7時~11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





やはり旨かったハンバーグ

 友人と新秋津駅で待ち合わせた私。「とりあえずランチ食べようか」ということで向かったのは、小さな洋食店の「グルマンやま」。久しぶりにこのお店のハンバーグが食べたかったんだよね。

 店内は10人も入れるだろうか?というほどの狭さ。おそらく初めて入る人は、このお店の狭さにきっと驚くだろうなぁ。そしてカウンターの向こうの厨房では店長が忙しなく動いている。この店長が狭い厨房にも関わらず、白いコック帽をキチンとかぶっているところに、初めて来た人はきっとまたビックリするだろうなぁ。

 ランチメニューは次の3つ。


*やまランチ(980円)……ハンバーグステーキ、スープ・ライス付。目玉焼き添えはプラス80円
*Aランチ(780円)……豚肉の鉄板焼き、スープ・ライス付
*パスタセット(1280円)……茄子とトマトのスパゲッティ、サラダ付



 お店の看板には「ハンバーグ&スパゲッティ」とあるから、「パスタセット」も気になるんだけど、ここは初志貫徹。私は「やまランチ」を目玉焼き添えで注文した。

まず運ばれて来たのはスープ

 まず運ばれて来たのはスープ。温かいポタージュ。色は少し黄色がかっているけど、味はカボチャではなくジャガイモっぽい。旨いなぁ。
 で、ちょうどスープを飲み終えた頃合に……。

ハンバーグとライスが到着

 ハンバーグステーキとライスが登場。ハンバーグステーキの付け合わせはポテトフライのほかに、たっぷりの炒めたモヤシ、そしてシシトウ。いやいや、旨そうじゃないですか。

特製ソースがたっぷりかかったハンバーグ

 ハンバーグステーキにはこのお店自慢の特製ソースがかかっている。その隣に見える目玉焼きは黄身が半熟になっていて、これまた旨そう。

断面はこんな感じ

 ではナイフで切って、いただいてみますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 断面を見てわかるように、肉汁ジュワーッというタイプではなく、ガシガシと肉の食べ応えがあるタイプでもない。ハンバーグそのものはとても柔らかく、少し甘めのソースとマッチしていて旨い。


 さて、目玉焼きを添えてもらったのはいいけれど、コレをどうやって食べようかなぁ。黄身が半熟だから、崩すと流れ出てもったいないことになっちゃいそうだし……。

黄身を付けて…

 でもやっぱり、崩してハンバーグに付けることにした私(笑)。ナイフで黄身に切り込みを入れると、そこにハンバーグの1切れを付けて、パックンチョ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、タマラーにはたまんない味だね。これは旨い!
 と、黄身を付けて気づいたのだが、この玉子焼きの黄身、半熟トロトロなのは上半分だけで、下半分は固まっている。そうか、だから黄身にナイフを突き入れても、ドバドバッと黄身が一斉に流れ出ることがなかったワケだ。これって、ひょっとすると計算された焼き加減なのだろうか? だとしたら店長、凄すぎ。

お次は固まった黄身と一緒に

 私は今度は固まった黄身を切ってハンバーグの上に乗せてお口にIN!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、トロトロの黄身もいいけど、これも旨いわ。
 付け合わせのモヤシも旨いし、ご飯が足りなくなっちゃったよ(笑)。


 過去の記事を読むと、以前の「やまランチ」は最初から目玉焼きが添えられて980円だったんだね。まあ7年前のことだから、あれから物価もかなり上がったし、目玉焼きを抜きにしたけど、付け合せにモヤシをたっぷり加えているワケで、よく980円を維持していると思う。こういうところにも店長のこだわりが感じられていいなぁ。
 次こそはお店のもう1つの看板メニューであるスパゲッティを食べなきゃね。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-17
電話:042-395-6472
営業時間:正午~午後2時、午後5時~10時半
定休日:火曜
店内禁煙
駐車場なし




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





今どきのナポリタン

 野火止通りを青葉町方面に向かって歩いて行くと……。

ジャスミン

 カフェレストラン「ジャスミン」の看板が見えてくる。久米川駅あたりから歩くと、ちょうど体が汗ばむタイミングで見えるから、ホッとして休憩したくなるんだよね。
 ちょうどお昼時でお腹も空いていたから、私は久しぶりこのお店でランチを食べることにした。
 このお店のランチタイムは午前11時30分から午後2時で、メニューは次の通り。


*ポークジンジャー(800円)
*チキンソテー(800円)
*ビーフカレー(840円)
*ハンバーグ(1100円)
*有頭海老のフライ(1470円)
*ポークステーキ(1470円)
(ライスorパン、サラダ、コーヒーor紅茶付き)

*きのこのドリア(900円)
*チーズオムライス(890円)
*ナポリタン(850円)
*ミートソース(900円)
*ペスカトーレ(950円)
(サラダ、コーヒーor紅茶付き)



「ポークジンジャー」や「チーズオムライス」も魅力だったんだけど、この日は「ナポリタン」の文字に魅かれちゃったんだよね。「昔ながらのクタ~ッとした柔らかい麺のナポリタンが出てくるとうれしいなぁ」と思いつつ、私は「ナポリタン」を注文。

ナポリタン

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。

アップで見るとこんな感じ

 麺は全然クタ~ッとしてなくて、シャキッとしている。昔のナポリタンじゃなくて、ちょっぴり残念だが、これはこれで旨そうだ。
 食べてみると、ケチャップ味ではなく、ちゃんとしたトマトソース味。

チーズをたっぷりかけて…

 もうひと味欲しくて、粉チーズをかけて食べると……うん、旨い! 昔も今もナポリタンには粉チーズは必須なんだね(笑)。

食後にはコーヒーが出てくる

 食後にはコーヒーが出てくる。あれ? 確かこのお店のコーヒーカップには店名が書いてあったような気がしたんだけどなぁ。
 そう思って、コーヒーをお皿ごとクルリと回してみると……。

カップとお皿に店名が書かれている

 あった、あった。店名の入ったカップとお皿を出すお店って、今どき珍しいよね。「ナポリタン」は今どきなのにね(笑)。

 私みたいなオジサンにとって「ナポリタン」は、やっぱり麺がクタ~ッと柔らかくて、ケチャップ味で、ソーセージとタマネギとピーマンが入っているモノなんだけど、そういう「ナポリタン」って、アルデンテが常識となった今どきは好まれないんだろうね。




【DATA】
住所:東村山市青葉町1-4-20
電話:042-396-0313
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
ブルックス 簡単便利なドリップコーヒー
ナチュラルチーズ専門店『オーダーチーズ・ドットコム』


料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR