東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

2020ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.13

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



再スタートの思いが伝わるチラシ

 先日、自宅の郵便受けに、久米川駅南口のイタリア料理店「パスタ食堂」のチラシが入っていた。

「パスタ食堂」のチラシ

 昨年末、洋風居酒屋「いろはにほ」が閉店したのだが、その場所に、今年2月にオープンしたお店だ。しかし、オープン早々、コロナ禍でテイクアウトを中心とした自粛営業をせざるを得なかった。

 長年、頑張ってきたお店でも今回のコロナ禍で苦戦を強いられていたのに、新規オープンでのいきなりのコロナ禍は大変だったと思う。緊急事態宣言が解除され、ようやく通常営業ができるようになったので、再スタートのつもりでチラシを配布したんだろうな。何となく思いが伝わってくる。心から頑張って欲しいと思う。このチラシを参考に、多くの人に食べに行って欲しいな。



まさかのリニューアル!

 ちょっと前に、フェイスブックに「久米川漁港あごひげ鮮魚屋台」が7月5日にオープンという情報が出ていたので、「あごひげ酒場」の姉妹店がオープンするんだと思っていた私。その時は「へぇ」と思いつつも、場所とかチェックしないまま、読み流していた。で、たまたま久米川駅南口周辺を歩いていたら……。

久米川漁港あごひげ鮮魚屋台

 ナント、「あごひげ酒場」「久米川漁港あごひげ鮮魚屋台」に変わっているではないか! 超ビックリだよ!

テイクアウトメニューもいっぱい

 唐揚げと餃子をウリにした「あごひげ酒場」は2015年2月にオープンし、今年5周年を迎えていた。すっかり定着したものと思っていたから、まさか「あごひげ酒場」がリニューアルするとは思わなかったなぁ。大胆な戦略だねぇ。
 7月12日(日)までは「粋なサービス」として、角ハイボールが1杯100円だって。



食べたいメニュー、気になるメニュー

 これもフェイスブックで得た情報。久米川駅南口のタイ料理店「サワディー」の7月~8月の限定メニューが出ていると言うので確認してきた。

「サワディー」の7月・8月のメニュー

 お店の入っているビルの階段のところに限定メニューのポスターが出ていた。

空心菜ごはん

「これは食べたい!」と思ったのは「空心菜ごはん」。これはボリュームがありそうだ。

ヤムママー

 一方、「食べたい」というより「これはどんな感じなんだろう」と気になったのは、「ヤムママー」。だって説明を見ると、トムヤム味のインスタントラーメンを使ったサラダっていうんだよ。北海道にラーメンサラダってのがあるけど、それと似た感じなのかなぁ。気になるねぇ。



老舗そば屋に意外なメニューが

 創業が天保元年(1830年)という、久米川駅南口の老舗そば屋「巴屋」

巴屋

 このお店がこのほど、「ホストタウン テイクアウト グルメラリーin東村山」に参加するというので、ちょっとお店の前を通ってみた。

テイクアウトメニュー

 店頭にポスターとテイクアウトメニューが貼り出されてあり、気合が入っている。テイクアウトメニューをチェックすると……エエッ! 「牛丼」なんてあるんだ。知らなかったなぁ。どんな感じなんだろう。気になるなぁ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




盛り上がった新年会

 エッ? 「新年会」?……タイトルを見てそう思った人は多いと思う。書いている私も「どうなのよ!」と思っているけど、間違いなく2020年1月に開催した新年会の記事です。
「もう書かなきゃマズいだろう」と、実は5月中旬に以下のように書いてみた。


*****************************


 もう5月も半ばだというのに、今ごろになって新年会の記事を出して申し訳ない。
 もともとの怠け癖で、記事にするのが遅れていたのだが、そこにきて新型コロナウイルスの問題が起き、多くの飲食店が休業、もしくは短縮営業、テイクアウト営業をするようになった。新年会の会場である久米川駅南口の沖縄料理店「美・ちゅら」も通常営業をやめて、「ちゅら弁当屋さん!」として午前11時から午後3時まで(月曜定休)お弁当のテイクアウト販売をしている(2020年5月16日現在)。
 通常営業をしていないお店のことを記事にして紹介しても、それは読者のためにもお店のためにもにならないのでは……そう思って、記事にするのをやめていたのだけど、新型コロナウイルス問題による自粛は長引きそうだし、楽しかった記憶も薄れてきているので、申し訳ないと思いつつ、記事にさせてもらうことにした。


*****************************


 と、ここまで書いて心が折れてしまった。5月中旬の時点ではまだ緊急事態宣言が解除されてなく、オフ会なんてとんでもなく、お店で飲み食いすることもできない状況だったからだ。「こんな記事書いて、どうするんだ」……そう思った瞬間、心が折れてしまった。


 でもさすがにもう7月だからね。緊急事態宣言も解除されたし、さすがにオフ会をやれるほど楽観的な状況ではないけど、多くの飲食店は通常モードに戻りつつある。
 ということで、恥ずかしながら半年前のネタを記事にさせていただく。




 開催したのは、「新年会」と呼ぶにはギリギリの1月26日のこと。場所は……。

美・ちゅら

 久米川駅南口の沖縄料理店「美・ちゅら」
 今回のオフ会はちょっと変わった趣向でやらせてもらった。題して、

東村山グルメ日記の新年会~自分の好きな音楽を聞かせナイト~

 どういう内容かと言うと、昨年やった15周年オフ会クリスマスの練習オフ会で好評だったビンゴ大会に、ちょっとひと工夫加えてみたんだよね。
 今回は参加者の皆さんに、自分の好きなミュージシャンのCDを1枚持ってきてもらい、それをビンゴで上がった順にランダムに手渡していくという企画にしてみた。
 で、もらったCDをその場で見せてもらい、それを持って来た人にそのミュージシャンがどれだけいいのかをアピールしてもらい、そのCDの中の1曲だけを選んでみんなに聞いてもらう(そのために私はお店の許可を得て、CDラジカセをお店に持って行った 笑)。

 どうしてこういう企画をしたかというと、ある程度の年齢になると、聞く音楽が偏ってくると思うんですよね。そんな自分の音楽嗜好に変化をつけてみませんか、というのが目的。ちょっと面白そうでしょ。

「薄井様ご一同様」だって

 お店に入って、席につくと、テーブルに今日の料理メニューと、飲み放題のドリンクメニューが置いてあった。2時間飲み放題の宴会パックで3780円。お得だよね。しかも10人以上でお店を貸し切りにできる。今回の参加者は14人。お店を借り切っての新年会ということで、楽しくなりそうだ。
 さりげなく料理メニューに「薄井様ご一同様」と書いてある。何だか照れちゃうなぁ(笑)。

アーサーのサラダ

 まず運ばれて来たのは、「アーサーのサラダ」。「アーサー」とは「あおさ」のこと。それがこんなにたっぷりサラダに乗っている。体にもいいし、旨いんだよね。

瓶ビールで乾杯

 さて、それでは乾杯しますか。生ビールだと全員に行き渡るのに時間がかかるから、乾杯だけ瓶ビールにしてもらうことにした。琉球ガラスのグラスがオシャレだよね。

ポチギソーセージ

 軽いツマミとしてサラダの次に出て来たのは、「ポチギソーセージ」。ピリ辛でビールにピッタリだ。

ゴーヤーチャンプル

 続いては、今や沖縄料理の代表格となった「ゴーヤーチャンプル」。初めて食べた時は、ゴーヤの苦みに「何じゃこりゃ」と思ったモノだけど、慣れるとこの苦みがたまらないよね。

島らっきょう

 お次はたっぷりの花ガツオがのった「島らっきょう」。これを食べると、泡盛が飲みたくなるんだよね(笑)。

ラフテー

 そして「ラフテー」。食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 柔らかくてトロットロ。最高だね。

もずく天ぷら

 そして、そして! このお店に来たら、「コレだけは食べておけ」というほどの定番かつ人気メニューの「もずくの天ぷら」が登場。天つゆに付けて、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 やっぱ旨いわ。もずくを天ぷらにしようと思った人、天才だと思うな(笑)。

サービスの「ミミガー」

 と、ここで、イケメンのマスター&シェフの隼人くんから、「これ、サービスです」と「ミミガー(塩だれ)」をいただいた。これがまた旨くて、お酒に合うんだな。ありがとう、隼人くん

〆の「沖縄そば」

 〆はミニサイズの「沖縄そば」。ずいぶん飲んでヘロヘロだったけど、コーレーグースを多めに入れて食べると、途端にシャキッ! うんうん、〆にピッタリだよ。


 CD交換のビンゴ大会も盛り上がったし、「肝試しタイム」ということで、「飲むサロンパス」と呼ばれている(笑)「ルートビア」を隼人くんの好意で、全員少しずつ飲んで、

「エーッ、何コレ」
「無理無理無理ッ!」
「意外とイケる」

と大騒ぎして盛り上がったりもして、気が付けば3時間近くも経っていた。

最後はみんなでハイポーズ

 最後に全員で「ハイ、ポーズ」。相変わらず私が一番楽しそうだ(笑)。

 こんなバカ騒ぎするオフ会、またやりたいなぁ。「3密を避ける」とか「ソーシャルディスタンス」ということで、まだオフ会みたいな宴会をやっていい状況ではないけど、何とかまたやりたいと思うので、その時は皆さんに告知しますね。


 隼人くん、記事にするのが大幅に遅れてごめんなさい。料理、全部美味しかったし、いろいろサービスしてくれてありがとう。ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-48
電話:042-395-7151
営業時間:午後5時30分~深夜0時(ラストオーダーは午後11時)
定休日:日曜
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2020/07/07 17:50 ] 【沖縄料理】 美・ちゅら(栄町) | TB(-) | CM(0)

2020ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.12

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



とても残念な閉店

 6月始めにツイッターのフォロワーさんからある情報をいただいていたのだが、なかなか時間が取れなくて確認できなかった。で、先日、ようやく時間ができたので、私はお店に向かった。

ENU(エミュウ)東村山店

 そのお店とは、所沢街道沿いにあるパン屋「ENU(エミュウ)東村山店」だ。お店の入り口にはいろいろと貼り紙があるのだが、その中の1つを見て、「ああ、やっぱりそうなんだ」と私は落胆した。

閉店セールのお知らせ

 残念ながら7月12日をもって閉店するようだ。

 パン屋さんは新型コロナウイルスの感染拡大防止のための自粛要請こそなかったものの、対応に苦慮した業種だと思う。
 特にオープンディスプレイ方式で、トングとトレイを持ってパンを選ぶスタイルのパン屋さんは個々のお店で、いろいろと対応をしている。

 久米川駅南口すぐにある「オーブン・フレッシュ・キッチン」はそれぞれのパンが置いてあるトレイにビニールシートをかけている。
 久米川駅北口の「ラザレ」ではパンを個別包装し、マスクをしていない人は入店不可、4人入店したら5人目は店外で待つようにしてくださいという対応をしている。

 今後、パン屋さんは久米川町の「こむぎ」や八坂小学校近くの「MAU PAN」のようにショーケースに入れた対面販売のスタイルに変わっていくかもしれない。

 でも対面販売だと、種類が限られてしまうんだよね。
「ENU東村山店」のように広い店内いっぱいにいろんなパンが置かれていて、その中から選ぶスタイルは楽しいし、パン好きの私は見ているだけで幸せな気持ちになれる。そういうパン屋さんが閉店してしまうのは、時代の影響とはいえ、悲しいし、寂しい。

 7月12日に閉店ということは、パンバイキングは6日(月)、7日(火)、8日(水)の3日間のみということだ。まだ行ってない人はぜひぜひ!



タピオカブームも一段落、ということかな

 新型コロナウイルスによる自粛やら何やらで、いろいろとあってご無沙汰していた秋津地域に、先日、久しぶりに行ってみた。調べてみると、来るのは5カ月ぶりだった。

あれ、シャッターが降りてる

 まずはひと回りしてみようと新秋津駅から秋津駅に向かうといきなりシャッターの降りたお店に出くわした。確かここはタピオカ専門店の2号店があったハズ。閉店したんだね。
秋津駅近くの1号店の方はどうなんだろうと思い、行ってみると……。

萃茶(スイチャ)秋津店

 こっちは健在のようだ。そうそう、台湾タピオカ専門店「萃茶(スイチャ)秋津店」だったね。一時ほどのブームはないけど、これから暑くなるからまた人気になるだろうな。



こんなところに八百屋さんが

 新秋津駅から秋津駅に向かう途中にあるコンビニの「ローソン」の隣に、いつの間にか八百屋がオープンしたらしい。

秋津ナンバーワン青果店

 よく見ると、「秋津ナンバーワン青果店」と書いてある。エエッ、あの唐揚げがウリの居酒屋「秋津ナンバーワン」の系列ってことなの? いろいろやるなぁ、「秋津ナンバーワン」。大したもんだよ。



秋津の家系ラーメンがまた1つ…

 今回、秋津に行ったのは、フェイスブックからあるお店の閉店情報をいただいたからだ。

二代目常翔家

 そのお店とは家系ラーメン店「二代目常翔家」。行ってみるとシャッターに貼り紙が……。

閉店の告知

 6月30日をもって閉店したようだ。オープンが2017年12月だから、2年半ほどか。旨かったんだけどなぁ。残念だよ。

 秋津には一時期、3軒も家系ラーメン店があったのだが、2018年10月に「らーめん春樹 新秋津店」が閉店し、今回「二代目常翔家」が閉店したことで、「秋津商店」のみとなってしまった。私は家系ラーメンが好きだから、そういう意味でも残念でならない。



40年あまり、ご苦労様でした

 せっかく秋津に来たのだからと、新秋津駅前通り商店街を歩いたら……。

魚船

 居酒屋「魚船」のシャッターに貼り紙が。嫌な感じがしつつも近づいてみると……。

閉店の告知

 うーん、やはりか……。6月9日をもって閉店したらしい。
 40年あまりも頑張ってきたのだという。存在は知っていたんだけど、行ったことなかったんだよね。どうして行かなかったんだろう。悔やまれるなぁ。残念でならない。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




2020ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.11

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



バーでまぜそば!

 ほかの市区町村の飲食店のことは詳しく知らないけど、感覚として東村山市の飲食店は、この苦境に負けず、攻めているお店が多いと思う。
 先日紹介した久米川駅南口の飲食店有志による「久米川美食倶楽部新聞」の発行もそうだ。

 そして5月18日から営業を再開した新秋津駅は新秋津駅前通り商店街にあるバー「星の都」ではナント、まぜそばを始めたという。

かまたま

和風醤油

とり塩

シビレ担々

 4種類のまぜそばはどれも旨そうなこと! まあ、もともと料理も旨いバーではあったけど、それはあくまでもお酒のツマミとしての料理。
 今回は、まぜそばだけの注文でもOKとしているところが凄い! テイクアウトもOKとのこと。

 営業時間は当面、午後6時から10時までで、アルコールの提供は午後8時までとのこと。
 ほかのお店もお酒の提供は今のところ、午後8時までなので、一杯やったあとに、〆として「星の都」に来てまぜそばを食べて帰る……なんていうのもいいかもしれないね。



これは超お得なランチなのでは!

 先日、久米川駅南口のモザーク通りを歩いたら……エエッ!

海人

 沖縄料理店「海人」に「ランチ」の貼り紙がしてあってビックリ。

営業時間変更の告知

 どうやら5月31日までの期間限定でランチ営業をするらしい。そのランチがまた太っ腹なんだよね。

ランチの内容

 このメニューの中から好きな3つを選んでいいっていうのだから。
 私なら「島豆腐サラダ」に「豚の角煮」、そして「ゴーヤちゃんぷる~」にしちゃうかなぁ……うーん、凄い贅沢なおかずだ。
 これで税込み770円は超お得だと思うな。



昼飲み&弁当販売を開始

 久米川駅北口のチェーン系居酒屋「庄や久米川北口店」

庄や久米川北口店

 ずっと休業していたのだが、最近、昼飲み営業を始めたようだ。

おっ、弁当が並んでいる

 さらにお弁当の販売も始めたようだ。

これがお弁当メニュー

 唐揚げ弁当や生姜焼き弁当はほかのお店でもやっているから、食べ比べてみると面白いかもね。



ランチがお得になって復活

 先日、東村山郵便局に用事があって府中街道をテクテク歩いていると、チェーン系焼き鳥店「備長扇屋 東村山店」に「ランチ」の文字が! 

備長扇屋 東村山店

 確か2年前に一時期、ランチと昼飲みをやったものの、すぐにやめたのだが、また復活したみたいだ。

ランチメニュー

 ランチメニューはいろいろあるけど、以前食べて旨かった「やきとり丼」がない。1コインでよかったんだけどなぁ。うーん、残念。
 でも、ライスと味噌汁がおかわり自由で、セルフサービスでコーヒーが飲めるってのはお得でうれしいかも。



エッ、もうお店変わっちゃったの?

 東村山郵便局での用事を終え、今度は鷹の道から帰ると……。

居酒屋「雅(まさ)」

 あれ? 確かここは居酒屋「Kou」じゃなかったっけ? エッ、もう次のお店になっちゃったの? 今度も居酒屋で「雅(まさ)」という店名のようだ。

頑張って欲しいなぁ

 この場所、以前はずっと「幸多加(こたか)」という中華料理店だったんだけど、2015年に経営者が代わって「二代目こたか」となったのだけど、2019年に「Kou」になり、そして今度は「雅」。鬼門にならなきゃいいけどなぁ。頑張って欲しいな。



「出前」という手があったか

 鷹の道から市役所通りに入ると、見えてくるのがそば屋の「八山庵」

八山庵

営業時間短縮の告知

 ここも営業時間を5月31日まで午後3時までに短縮しているようだ。と、その横にもう1枚貼り紙があることに気づいた。テイクアウトでもやっているのかなと思って見てみると……。

出前やってます

「出前しています」だって。最近は出前をやるところが減ってしまったから忘れてしまっていたけど、昔はそば屋と言えば「出前」は当たり前だったよね。「Uber Eats」という配達サービスもあるけど、お店の出前ならお金もかからないし、いいよね。出前で「#東村山エール飯」もいいんじゃないの。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





2020ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.10

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



攻めてるねぇ、久米川駅南口の飲食店有志!

 新型コロナウイルスの影響で多くの飲食店が苦境に立たされている。新聞やインターネットの情報によると、この影響で閉店に追い込まれた飲食店も少なくないという。

 この苦境、1つのお店で立ち向かっても仕方がないと、いち早くお店同士が結束してユニークな企画を立ち上げてきたのが、久米川駅南口の飲食店有志だ。

 第1弾は花見の時期に合わせた「コロナビールイベント」。

 第2弾は「#東村山エール飯」をさらに盛り上げていくために行った「久米川子ども弁当」。

 これだけでも十分なのに、第3弾企画をこのほど公表した。
 今回はナント、「久米川美食倶楽部新聞」というPR紙を発行するのだという。
 第1号の発行は5月20日。テーマは「#東村山エール飯」に合わせて「テイクアウト」。久米川駅南口の13の飲食店が紹介されている。
 まだ現物は手元にないけど、関係者から内容が公表されたので早速紹介しちゃいますね。

久米川美食新聞 1ページ

久米川美食新聞 2ページ

久米川美食新聞 3ページ

久米川美食新聞 4ページ

 大きさは広げるとA2判だというから、かなり大きい。大体、「市報ひがしむらやま」と同じくらいか、それよりやや大きい感じだ。
 この「久米川美食新聞」、今回限りではなく2カ月に1回ペースで今後も発行していくつもりなのだとか。攻めてるよね。

 ぜひこのPR紙を片手に、テイクアウトを楽しんで欲しいな。

《追記》
 ちなみにこのPR紙、5月20日から、掲載されている13の飲食店にて入手できます。ただ、発行部数が少ないので、欲しい人は早めにお店に行くことをオススメします。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告