東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.32

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



閉店を確認してきました その1

 ブログの読者から東村山市唯一の「山田うどん」が閉店したという情報が寄せられたので、先日、確認のため行ってみた。 久米川駅北口からバスに乗って「全生園前」で降り、所沢街道をテクテクと東久留米方向に歩いていくと……。

すでに看板はなくなっていた

 ああ、お店の看板がすでになくなっている。

回る看板もなくなっていた

「山田うどん」全店の中でも珍しい存在になっていたクルクル回る看板も、すでになくなっていた。

入り口にはまだ貼り紙があった

 入り口にはまだ貼り紙が残っていた。見ると、9月13日をもって閉店したようだ。繁盛していたと思うし、まさか閉店するとは思わなかったなぁ。
 ココは今後、どうなるんだろうか? 建売住宅になっちゃうのかなぁ。



閉店を確認してきました その2

 久米川駅南口はウイング通りにある喫茶店「あぷれん堂」が閉店したと友人が教えてくれたので、確認のため行ってみた。

シャッターが降りていた

 友人の情報通り、お店はシャッターが降り、貼り紙が……。

閉店の貼り紙

 やはり閉店したようだ。
 悲しく残念だけど、飄々としたマスターらしさが文面から感じられて、不謹慎だけど思わずクスッとしてしまう。例えば「店主・店員一同」の文字。
 確かこのお店って、マスター1人で切り盛りしていたんじゃなかったっけ?

 それから2枚目の貼り紙が、またマスターらしくて味があるんだな。

マスターらしい貼り紙

「なぜだ!」と言いつつ、赤文字で「坊やだからさ」と書いてある。最初は貼り紙を見たほかの人がいたずら書きをしたのかなと思ったけど、よく見ると、文字が同じなんだよね。「さ」とかね。

「コメダ珈琲店」など大手の喫茶店は人気だから、「喫茶店復活!」という気がしていたけど、個人経営の喫茶店はやっぱり厳しいんだね。
「冷しナポリタン」、去年も今年も気になっていたけど、結局食べられなかったなぁ。閉店するなんて思いもしなかったから、本当に残念でならない。



ユニークなお店がユニークに転身?

 これも友人からの情報。
 久米川駅南口はモザーク通りある花屋「J.Flowershop」

閉店した「J.Flowershop」

 今年の6月末からは花屋の傍ら、タピオカドリンクを販売するなどユニークな営業をしていたんだけど、どうやら閉店したようだ。

閉店の貼り紙

 貼り紙によると、今度は韓国料理店をやるらしい。このお店の人は元々、府中街道沿いにある韓国料理店「故郷(ゴウヒャン)」のオーナーだったというから、「韓国料理店をやる」というのは突飛な話ではないようだ。とは言っても、ユニークだなぁ。



本当に残念過ぎる閉店情報

 ツイッターのフォロワーさんから教えてもらった悲しい情報を確認するため、夜勤明けのまだ暗い中、私は久米川駅南口の居酒屋「サラリーマン久米川店」へ向かった。

サラリーマン久米川店

 寄せられた情報によると、このお店が年内で閉店してしまうというのだ。お店を見ると、3カ所に貼り紙が……。

閉店の告知が!

 わかっていたことだけど、貼り紙を目の前にして脱力してしまった。
 そうですか……。12月29日を持って閉店ですか。
 45年間、ご苦労様でした。

 でもさぁ、残念過ぎるよ! 本当に残念。



1カ月限定のカキ小屋がオープン

 今回は閉店情報ばかりなので、最後に「東村山グルメ日記」らしい美味しい情報をご紹介。

 友人がフェイスブックで面白い情報を紹介していたので確認のため行ってみた。
 行ったのは、東村山駅東口はさくら通りにあるソース会社「ポールスタア」が最近オープンさせた「さくら茶屋」の隣。

牡蠣奉行

 そこは本来、「さくら茶屋」を利用する人のための駐車場なのだが、ナント、「牡蠣奉行」のテントが!
 これは「東北復興支援」のために各地で行っている出張店舗らしい。この場所では11月29日~12月22日までの営業予定。営業時間は正午~午後9時。

チラシの表

チラシの裏

 内容はこんな感じ。
 この「牡蠣奉行」、もちろん「ポールスタア」のイベント「いちょうまつり」が行われる12月8日(日)も営業する。
 「牡蠣奉行」の営業開始に合わせて、隣にある「さくら茶屋」も土日に営業するとのこと。「ポールスタア」もなかなか商売上手だね(笑)。どうせなら、工場直売所も土日オープンすればいいのにね。



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




コスパ抜群の和食ランチ

「コスパがいい」と思うのは、基本的には安くてボリュームがあったりするときだと思う。だけど、ある程度、値が張ってもその内容から「コスパがいい」と思うこともある。
 東村山駅東口の居酒屋「義 東村山店」のランチが、まさにそう思わせるモノなんだよね。

義 東村山店

 巨大なマグロのオブジェが目印のこのお店。入り口は2階なのだが、その階段近くにランチメニューが出ている。

ランチメニューはこんな感じ

 一番安いランチが900円+税。「本マグロづくし丼」や「うな重膳」だと2500円+税もする。やや高めの値段設定のように感じるけど、写真をよく見ると、必ず小鉢と香の物、そして茶碗蒸しが付いているし、ご飯はおかわり・大盛り無料だし、コーヒーも付いている。「リーズナブル」という言い方もあるけど、私はこの値段でこの内容なら「コスパがいい」と思っちゃうなぁ。
 とはいえ、もちろん狙いは900円+税のランチメニュー。最近は食が細くなったせいか、「美味しいモノをちょっとずつ」というスタイルが好きなので、「松花堂弁当」が気になる。「限定10食」ということなので、もしなかったら「サバの味噌煮と光物たたき」にしようと心に決めて、階段をトントントンと上がって行くと、入り口前にこんな貼り紙が……。

「秋のおすすめランチ」だって

 何だって! 「秋のおすすめランチ」とな。
「秋刀魚の塩焼きと茸の炊き込みご飯」と「カキフライと茸の炊き込みご飯」の2種類で、どちらも「限定5食」となっている。
 カキフライはいいよね。「カキフライと茸の炊き込みご飯」狙いで行って、なかったら「松花堂弁当」、それもなかったら「サバの味噌煮と光物たたき」にしようと決め直して、店内へ。

 カウンター席に座り、「まだあるかなぁ、どうかなぁ」とドキドキしながら「カキフライと茸の炊き込みご飯」を頼むと、あっさりとオーダーが通ってしまった。ラッキー!

 待つことしばし。ようやく来た、来た、来ましたよ!

カキフライと茸の炊き込みご飯

 これが「カキフライと茸の炊き込みご飯」。茶碗蒸しと味噌汁にフタが付いているところが、ちょっとした高級感があっていいよね(笑)。フタを取ると……。

フタを開けるとこんな感じ

 こんな感じ。いやいや、豪華じゃないですか。

カキフライは4つ

 カキフライは大ぶりなのが4個。ソースが添えられている。

茸の炊き込みご飯

 こちらは茸の炊き込みご飯。ご飯がツヤツヤで旨そうだ。

ナスの煮浸し

 小鉢はナスの煮浸し。では、味噌汁をひと口飲み、ナスの煮浸しからいただきますか……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 もともとナスは好きなんだけど、この味付けはいいねぇ。ナスを食べたあとに茸の炊き込みご飯をいただく……。

うん、これも旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、食べながら自然と笑みがこぼれてしまうよ。

まずはソースでいただきま~す

 それではメインのカキフライをいただくとしますか。まずは添えられているソースを付けてパクッとな。

中はジョーシー

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 コロモはやや厚めだけど、中のカキがジューシーで旨い。

今度は醤油で

 でも私は、カキフライはソースより醤油派なんだよね。ということで、今度は醤油をかけていただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、たまんないねぇ。茸の炊き込みご飯と一緒に食べると、これがまた旨いんだなぁ。

茶碗蒸し

 アッと言う間におかずとご飯と味噌汁を食べ終えたあとは、デザート的に残しておいた茶碗蒸しの出番。うんうん、旨いねぇ。スプーンですくっていて、黄色いモノが見えた時は「エッ、まさか銀杏?」と思ったけど、コーンでした(笑)。いやいや、コーンで十分。この内容で銀杏を入れたら、それはサービスし過ぎですよ。いやまあ、入っていてくれた方がうれしいけどね(笑)。

食後にはコーヒーが付く

 で、食後にはコーヒーが付く。いやあ、この満足度。「コスパがいい」というより、「コスパ抜群」だよね。

スタンプカードをもらっちゃった

 会計の際、スタンプカードをもらった。「スタンプ10個で900円ランチが無料」って凄くない? 季節によってこのお店のランチメニューは変わるし、種類も多いから食べ飽きることはないと思う。これはランチに通いたくなるいいサービスだね。ランチに2500+税のメニューを食べる勇気はないけど、「旨い和食ランチを食べたい」と思ったらこのお店の900+税のランチは超オススメだね。




【DATA】
住所:東村山市本町2-16-1-2階
電話:050-3462-5931
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時~深夜0時
定休日:第1月曜(12月は休みなし、1月は第2火曜)
ランチタイムのみ全面禁煙
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




定食で旬を味わう

 お腹は空いているんだけど、何が食べたいって決まっているワケじゃないんだよなぁ……こんな時はメニューが豊富な定食屋さんに行くのが一番だ。
 ということで、私が向かったのは……。

ごはん家さくら木

 久米川駅北口にある定食屋「ごはん家さくら木」だ。このお店はメニューが豊富なのはもちろん、おかずも多くてボリュームがあるんだよね。

おお、新米の時期なんだ

 お店の前にはこんな貼り紙が。おおっ、新米の時期なんだね。しかも魚沼産のコシヒカリとな。いいねぇ。
 暑さが長引いたり、なかなか紅葉しなかったりと、季節感がなくなりつつあるなか、こうやって食べ物で季節を感じるってのは大切だよね。

 早速、お店に入って、メニューをチェック。このお店はテーブルにメニューを置いていない。メニューはすべて壁にある。それがこちら。

壁いっぱいに貼りだされたメニュー

 壮観でしょ。ほとんどの定食は700円台、800円台。1000円以上のメニューがない……と思ったら、1つだけあるんだよね。それは「天ぷら定食」で、ジャスト1000円。だけど1000円が一番高いメニューだなんて、凄いと思いませんか?
 ブログ記事的には、一番高い「天ぷら定食」を食べるってのは面白いんだけど、この日はあんまり天ぷらに魅力を感じなかったんだよね。
 さて何を食べようかと、じっくりとメニューを眺めてみる。ほとんどは定番メニューなんだけど、期間限定の季節メニューも混じっている。それが「カキフライ定食」などの「本日のおすすめ」だ(ちなみに「カキフライ定食」は2008年に食べた時と同じ880円。これにはビックリだよ)。ご飯が新米なんだし、せっかくだから季節のモノを食べようと思い、私は「新さんま塩焼定食」(800円)をお願いした。

なぜかお総菜が

 ボーッとテレビを見ながら待っていると、お店の人が忙しなくテーブルにお総菜を並べ始めた。

「あれ? このお店ってお総菜販売をしてたっけ?」

 不思議に思った私がお店の聞いて見ると、こんな答えが返ってきた。

「3月に前にあるスーパー『サンエイ』を閉店したら、お総菜が欲しいと人がいて、それで午後から販売するようにしてるんです」

 このお店の経営がスーパー「サンエイ」と同じだったということにちょっとビックリしつつ、「なるほどね」と納得。
 並んでいる総菜の中に、サンマの塩焼きがあったから、「これは早く食べられるかな」と思ったのだけど、なかなか出てこない。
 20分ほど待っただろうか。ようやく、「お待たせしました」と運ばれて来た。

新さんま塩焼定食

 これが「新さんま塩焼定食」。サンマは焼きたてだ。注文を聞いてから焼いてくれたんだね。うれしいなぁ。
 小鉢と香の物があり、デザートに杏仁豆腐まで付いている。今日の味噌汁はなめこ入りか。これもうれしいなぁ。

焼き上がったばかりの新さんま

 今年のサンマは身が痩せているという報道があったりしたけど、焼きたての新サンマはやっぱり旨いね。
「ご飯、足りなかったらおかわりしてくださいね」と言われたけど、1杯で十分お腹いっぱいになってしまった。年を取るということは、だんだん食が細くなっていくということなんだね。だとしたら、やっぱり旬のモノを食べていかないともったいないね。今年の秋は短い感じだけど、季節をちょっぴり味わえてよかったよ。
 ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市本町4-12-49
電話:042-395-2122
営業時間:午前11時45分~午後8時(ラストオーダーは午後7時45分)
定休日:土・日曜・祝日
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




15周年記念オフ会、やっちゃいます!

 2004年11月1日からスタートした「東村山グルメ日記」というブログ、おかげさまで今年15周年を迎えました。現在の「東村山グルメ日記2」にある記事数は2019年11月17日時点で2845本だから、以前の楽天ブログの「東村山グルメ日記」に残してきた記事と合わせると、余裕で3000本以上になると思う。我ながら「よく書いたなぁ」と思う。
 でもここまで書くことができたのは、記事を読んでくださり、コメントや情報をくれた読者の皆さんがいたからだと思います。

 ということで、感謝を込めて「15周年記念オフ会」を開催します。
 場所はこちら。

らいすぺ~ぱ~

 置き看板が光っちゃって店名がわからないんだけど(笑)、久米川駅南口のエスニック料理店、

「らいすぺ~ぱ~」

 日時は、

11月30日(土)午後7時から

 参加費は、

2時間飲み放題付きで4000円

 参加申し込みはフェイスブックのイベントページからか、こちらのメールからお願いします。


 初めてお会いする人、大歓迎です。「地元の飲み友達」を増やすいい機会だと思って、気軽に参加してみてください。参加申し込みは11月27日までとさせていただきます。多くの人のご参加、お待ちしています。




【「らいすぺ~ぱ~」DATA】
住所:東村山市栄町2-32-38 第1武蔵ビルB1階
電話:042-396-9998
営業時間:午後5時30分~11時30分(ラストオーダーは午後10時30分)
定休日:木曜
ホームページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2019/11/18 13:20 ] 【つぶやきなど】 イベント | TB(-) | CM(4)

2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.31

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



地ソース会社がカフェをオープン

 東村山市に2つあるソース会社のうちの1つ、「ポールスタア」が11月11日に「さくら茶屋」というカフェをオープンさせた。
 場所は以前「ファクトリーショップ」として商品を販売していたところで、さくら通りに面していてとても目立つ。

さくら茶屋

さくら茶屋

「ファクトリーショップ」は「ポールスタア」の新たな直売所として、2018年1月15日にオープンしたのだが、それを1年半足らずで閉店させ、今年の5月8日、直売所を工場敷地奥にある土蔵に移転させた。その時から「ファクトリーショップは、カフェとしてリニューアルオープンする」という話が出ていたんだよね。
 で、あれから半年。ようやくオープンしたというワケだ。

メニューはこんな感じ

 メニューはこんな感じ。始めたばかりなので、当座のメニューというところらしい。オペレーションが落ち着いてきたら、ランチを出すことも考えているらしい。
 営業時間は平日の午前11時から午後5時。商品が売り切れたらその時点で終了とのこと。
「ポールスタア」の商品を使ったヒットメニューが生まれれば、商品の売り上げも伸びるんじゃないかな。「東村山黒焼そば」に続くヒットメニューの開発、期待してますよ。



どうしたんだろう?

 鷹の道は「ローソンストア100」がある交差点から少し住宅街に入ると、「これぞ昭和!」という感じのレトロな飲食店が見えてくる。

ひの食堂

 私が「キング・オブ定食屋」と敬愛する「ひの食堂」だ。久しぶりにお店の前を通ったら、いっぱい貼り紙がしてあるので、近づいてみたら、こんな貼り紙があった。。

こんな貼り紙があった

 今は昼だけの営業なんだ。どうしたんだろう? 気になるなぁ。いろいろ事情があってのことだと思う。閉店じゃないだけ、うれしいというモノだ。昼だけでもいいから、無理せず、息長く続けて欲しいなぁ。



いつの間にか閉店…残念

「いなげや市役所前店」の近くを散策していて、「おや?」と足を止めた。確かココは「ミネラルランチ」なるものをウリにしていた「まみぃず」という定食&お弁当屋さんがあったハズなんだけど……。

閉店してしまった「まみぃず」

 見た感じ、どうやら閉店したようだ。いつ閉店したんだろう。オープンしたのは6月だったから、半年もたなかったんだね。コンセプトはいいと思ったんだけどなぁ、残念だなぁ。



うれしい復活と残念なお知らせ

 久米川駅北口は「もんじゃ焼 め組」跡に建設中の3階建てのビル。

完成間近のビル

 1階は交差点の斜向かいにある「セブンイレブン栄町1丁目店」が11月29日に移転してオープンすることがわかっているけど、2階と3階については「テナント募集」が出ている状態だった。
 で、先日通りかかると……。

復活告知のポスター

 ナント「もんじゃ焼 め組 久米川本店」が11月末にオープンするというポスターが貼り出してあった。
 以前のお店の規模を考えると、2階にしろ3階にしろ、1フロアすべてを店舗とすることが予想される。となると、残るはもう1フロア。
「テナント募集」が出ているということは、居酒屋「一本鎗」の復活はないということなのかなぁ。それとも規模を縮小して復活させるのかな?
 気になるので、「もんじゃ焼 め組」のツイッターアカウントに聞いてみた。すると、こんな返事が返ってきた。


め組は3階の半分を使っての復活で他はテナントさんになります

一本槍の方は残念ながら今のところ復活の予定はありません。



 うーん、「一本鎗」の復活はないのか。残念だなぁ。

「もんじゃ焼 め組」も29日にオープン

 数日後、ビルの前を通ると別のポスターが貼り出してあった。「もんじゃ焼 め組 久米川本店」のオープン日は11月29日と決まったようだ。「もんじゃ焼 め組」の復活はうれしいけど、居酒屋「一本鎗」が復活しないのは本当に残念だなぁ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR