東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.14

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



超驚きで超うれしいビッグニュース!

 今年2月に閉店の告知を出していた久米川駅北口の寿司屋「魚がし寿司」。閉店したハズなのに、なぜか「アルバイト・パート募集」の貼り紙を出していたことは、以前にもこのグルメニュースでお伝えした通りだ
「まさか復活?」と期待しつつ、先日お店の前を通ったら……。

魚がし寿司

「アルバイト・パート募集」とは違う貼り紙が、しかも2枚も貼り出されている。近づいてみると……。

営業再開の告知

マジッ O(≧∇≦)O スカ!!!

 ナント、4月20日(土)から営業再開するらしい。これは超驚きのビッグニュースだよ! 一度は閉店の告知を出したお店が、こんなに早く復活するなんて……こんなことってあるんだね。

 ただ気になるのは、誰が寿司を握るのかってこと。大将が握れないから閉店という決断をしたんだと思っていたんだけど、実際は違ったのかな? それとも大将以外の人が握るのかな? 確認をかねて早めに行かなきゃね。



隠れ家カフェで昼下がりのコンサート

 府中街道沿いにある隠れ家カフェ「Bresson」

Bresson

 道路沿いなのに、相変わらずひっそりとした佇まいだ。
 よく見ると、何やらポスターが貼られていた。

ポスター

 へぇ、4月21日(日)午後2時30分から「アフタヌーン・ライブ」をやるんだ。そう言えばマスターは、周りが住宅街なので、昼間にライブをやりたいと話していたっけ。あのスペースでコーヒーを飲みながら音楽を聴くのはいいかもね。21日は天気も良さそうだし、散歩がてらにいかが?



オープンに向けて着々


 府中街道は第二中学校近くに建設中の「スーパーアルプス」、外観がほぼ出来上がった感じだ。

出来上がりつつある「スーパーアルプス」

 この場所は東村山駅からも秋津・新秋津駅からも所沢駅からも離れているから駐車場は欠かせない。見たところ、駐車場はかなり広い。

ホームページの告知

 ホームページを見ると、6月下旬オープン予定とある。駐車場のほかに、子どもが遊べるスペースもあったりする。ちょっと楽しみだね。



またもショックな閉店


 久しぶりに秋津を散策したのだが、いつもなら「きらぼし銀行」の前に出ている「NOBU Cafe」の置き看板がない。何となく気になって、私は路地に入ってみた。

NOBU Cafe

 まさかお店がなくなったとか……そう思って行ってみたけど、お店はちゃんとあった。

営業していない感じ

 ただ、営業している感じはない。定休日なのかな? そう思いつつ入り口に近づくと、貼り紙を発見。

閉店の告知

エエッ! (゚д゚lll) ウソでしょ!!

 ナント、「NOBU Cafe」は2月24日をもって閉店したのだという。せっかく落ち着ける喫茶店が秋津にできたと思ったのになぁ……本当に残念だよ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2019/04/19 16:53 ] 【つぶやきなど】 グルメニュース | TB(-) | CM(0)

確実にお腹いっぱいになるラーメン

 青葉町の「全生園」から所沢街道を所沢方面に歩いて行くと、左側に「保谷納豆」の工場が見え、さらに進むと右側にラーメン店の「くるまやラーメン東村山店」、和食ファミレスの「華屋与兵衛 秋津店」、うどん店の「丸亀製麺 秋津店」が見えてくる。「丸亀製麺 秋津店」の向かいにはホームセンターの「島忠ホームズ」があり、その先にパン屋の「EMU東村山店」、そして「餃子の王将 秋津店」「ぼん天」がある。ポツリポツリではあるが、ここまでは飲食店などがいろいろあって、歩いていて楽しい。
 ただ、ここから先は車のディーラーなどがあるものの、ほとんど飲食店はない。それでも「ぼん天」から500mほど歩くと……。

さんらいず亭

 中華レストランの「さんらいず亭」が見えてくる。この辺りでは貴重な飲食店だ。
 なかなか来る機会のないお店だし、せっかくここまで歩いて来たのだからと、私は久しぶりに入ってみた。どれくらい久しぶりなのか、スマホで調べてみたら、ナント8年ぶりだった。

 店内のレイアウトは全然変わっていない。ただ、入ってすぐ正面のレジの下に営業時間が午後3時までであることを告知した貼り紙がしてあった。どうやら現在は昼のみの営業で、夜は営業していないようだ。

麺類メニュー

 席に座ると、メニューをチェック。豊富なセットメニューは相変わらずだ。
 これは麺類のメニュー。以前からそうなんだけど、意外と麺類は絞り込んでいて、種類は少ないんだよね。

ご飯物メニュー

 こちらはご飯物のメニュー。中華料理店の「カツ丼」(780円)って意外と旨いんだよね。「カツカレー」(780円)も気になるところだ。
 でも、この日は麺類の気分だったので、数人の読者からも薦められていた「五目うま煮そば」(750円)をお願いした。
 しばらくして、来た、来た、来たよ!

五目うま煮そば

デカいじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 丼の大きさは以前と変わらないんだけど、久しぶりに見たから、ちょっと「おおっ!」と思ってしまった。
 横にあるお冷のグラスぐらいじゃ、丼の大きさはわからないかなぁ。

割り箸が真ん中だと届かなくなる

 割り箸を置いてみると……どうです、わかりますか? この丼の真ん中に、割り箸が置けないんですよ。この位置がギリギリ。
 デカいでしょ。そして具材が五目どころか、いっぱい入っている。
 この丼を横から見てみると……。

丼が深い

深いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 中身のボリュームが相当なモノであることは、これでわかっていただけると思う。このお店で「大盛り」を頼むのは、かなりの危険行為だと思うよ(笑)。

麺のアップ

 では麺を箸で引き上げて、いただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 醤油味のあんかけのスープが細麺に絡みまくり、持ち上げまくりで、熱いけど旨い。たっぷりの具材を食べつつ、麺をズズッ、スープをグビリ。
「いやあ、結構食べたなぁ」と思って、丼を見ると、まだ半分しか減ってない。これは本当にボリューム満点だわ。

スープも飲んで完食

 何とかスープも飲み干して、完食。お腹いっぱいでタプタプ(笑)。もう何も食べられないって感じ。
 いやあ、旨かったなぁ。次回は気になっている「カツ丼」か「カツカレー」を食べてみよう。




【DATA】
住所:東村山市久米川町1-57-8
電話:042-391-3665
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:日曜
駐車場あり(10台)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




こってりかと思いきや、やっぱりアッサリだった野菜麺

 天気が良かったので、東村山駅から府中街道を所沢方面へテクテクと歩いて行った私。そして府中街道と所沢街道が交わるところまで来た。ここまで来ると、見えてくるのが……。

江川亭 東村山店

 ラーメン店の「江川亭 東村山店」だ。以前に来たのが2011年だから、8年ぶりになる。「久しぶりに食べてみようかな」とお店に入ってみた。店内のレイアウトは以前と全く変わりない。

メニュー

 メニューもほとんど変わりないかな。ただ、値段は少し上がっているようだ。

「牛もつ煮込み定食」なんてのもあるんだ

 メニューの裏を見ると、「牛もつ煮込み定食」(600円)なんてのもあるみたい。凄く気になるんだけど、私は「野菜を取らなきゃ」と思い、「野菜麺」(900円)を太麺でお願いした。

野菜麺

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。実は私、以前にも「野菜麺」を食べたことがあるんだけど、何となくビジュアルが違う気がする。

背脂たっぷりだよ

 スープにこんなに背脂が浮いてたっけ? スマホで以前の「野菜麺」の写真をチェックすると……。

13年前の「野菜麺」

 これが2006年、今から13年前に食べた「野菜麺」。ねっ、背脂、浮いてないでしょ。こってりの豚骨スープがウリのこのお店で、アッサリスープが出て来たから記憶に残っていたんだよね。
 そうなのか、この13年の間に「野菜麺」もこってり系にシフトしていったのか。

スープをひと口

 そんなことを思いつつ、レンゲでスープをひと口飲んでみると……。

アッサリじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これにはちょっとビックリ。そう言えば、中華鍋で野菜を炒めて、その中にスープを入れていたんだよね。炒めた野菜を後乗せしたワケじゃないから、スープにしっかりと野菜の旨味が溶け込んでいるんだね。だからアッサリしているワケか。

麺のアップ

 麺は太麺を頼んだんだけど、何だか太麺に見えない。でも確かにコレが、このお店の太麺なんだよね。この10年ほどでラーメン業界の太麺は、本当にうどんみたいな太麺も出現しているから、このお店の太麺が細く見えちゃうんだよね。
 自家製の太麺を野菜と一緒に食べると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 見た目以上に野菜がたっぷり入っていて、旨い、旨い。

完食

 スープも飲み干して完食。久しぶり食べたせいか、旨かったなぁ。今度は体調を整えて、「油麺」の特盛を食べてみようかな。




【DATA】
住所:東村山市秋津町3-2-2
電話:042-397-9666
営業時間:午前11時~午後11時
定休日:月曜(月曜が祝祭日の場合は火曜に振り替え)
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2019/04/14 05:00 ] 【ラーメン】 江川亭(秋津町) | TB(-) | CM(0)

2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.13

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



気になる居酒屋ランチ

 いつものように久米川駅南口周辺を散策していた時のこと。居酒屋「酔ってこ」の前を通ったら……。

酔ってこ

 おっ、営業してるよ。「昼飲み営業かな?」と思いつつ、近づいてみると……。

どれも安い

 ナント、ランチ営業しているではないか。それもほとんどが500円の1コインランチ。これは気になるなぁ。近々行ってみよう。



イタリア料理とインド料理の夢のタッグ

 恩多町の商業モール「イーストビレッジ」にある焼き肉店「官兵衛」が2017年9月に閉店して以来、ずっと空いていたのだが、先日、「イーストビレッジ」を通りかかったら……。

イーストビレッジの2階に新しいお店が

 ナント、「官兵衛」の看板が消えて、「Food Land」という看板が出ているではないか!

メニューを見ると2店舗が混在している感じ

 2階入り口へ向かう階段のところにはメニューが出ている。すでにオープンしているんだね。
 窓には「イタリアン料理」という貼り紙が出ていたけど、メニューを見ると、左側は洋食、右側はインド料理という感じ。メニューの字体も大きさも左右で違うし、ひょっとして2つのお店が混在しているのかなぁ。
 それにしてもイタリア料理とインド料理が一緒になったお店って、ちょっと珍しいんじゃないかなぁ。ピザとチーズナンを食べ比べてみるのも面白いかもね。



こわれ菓子は随時販売に

 2019年になってから、こわれ菓子の販売情報を出さなくなった秋津の「栄光堂製菓」。ちょっと気になったので、ホームページをチェックしたら、「こわれ菓子の販売につきまして」というお知らせがあった。


2018年12月より販売を休止しておりました、こわれ菓子販売についてですが、下記の通り販売を再開いたしますのでよろしくお願いいたします。

栄光堂製菓本社(東京都東村山市秋津町3-2-9)にて
商品が揃った時に販売いたします。
営業時間 13:00~16:00(土日祝日は休み)

お菓子の数に限りがございますので、売り切れの際はご容赦ください。

しばらくは上記の方法で販売させていただきますが、今後販売方法が変更する場合があります。
その場合はホームページにてお知らせいたします。



 こわれ菓子が揃ったら随時販売するということみたい。
 ということで、先日、「栄光堂製菓」に行ってみた。

栄光堂製菓

 ちょうど午後1時くらいだけど、ひっそりとした感じ。今日は販売してないかな? 近づいてみると……。

入り口にこんな表示が出ている

 おっ、ラッキー! 販売しているみたい。お目当ての「ハイレーズン」はなかったけど、「ロシアケーキ」などいろいろゲット。これからはこの近辺に来た時は、必ず立ち寄るようにしよう(笑)。



また1つインド・ネパール料理店がオープン

 東村山駅西口は化成小学校前にあるアジアンダイニング「カマナ」。ずっと「開店準備中」の貼り紙が出ていたんだけど、先日、お店の前を通ったら……。

カマナ

 おおっ、営業してるよ。インドとネパールの国旗が出ているところが面白いよね。

ランチメニュー

 ランチメニューはこんな感じ。これで東村山市内のインド・ネパール系の料理店は何軒になるんだろうか? ホント、このところまた増えているよね。



鬼門の場所が更地に

 スポーツセンターから鷹の道を府中街道に向かって歩いていると、ぽっかりと広い更地の空間が出て来た。

鷹の道で見かけた更地

 あれ? ココって前は何だったっけ? 更地の向こう側を見ると、コンビニの「ローソン100」が見える。ということは、ココは……。
 そう、以前に「お好み焼肉 道とん堀」があった場所だ。2016年10月に閉店したあと、ずっと「テナント募集」の看板が出ていたのだが、ついに建物が取り壊され、更地になったようだ。

 この場所、私が東村山市に引っ越してきた2000年当時はチェーン系の居酒屋「和み亭」だった。それが「和民」になり、とんかつメインのファミレス「よしかつ」になり、同じ感じのファミレス「中野牧場」になり、「お好み焼肉 道とん堀」になったのだが、どうも飲食店には鬼門の場所だったようだ。

小児科医院ができるらしい

 更地にはこんな看板が出ていた。今度は小児科医院ができるようだ。飲食店じゃないのはちょっと寂しいけど、どの飲食店も苦戦した場所だから、これでいいのかもしれないね。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





[ 2019/04/13 05:00 ] 【つぶやきなど】 グルメニュース | TB(-) | CM(0)

熱々ドリアをウキウキ気分で堪能

 今は何でも食べられるし、大体のモノは家でつくることができる。だからウチの子どもたちもそうだと思うけど、今どきの子どもに“あこがれの食べ物”って、そうそうないんじゃないかと思う。

 私は家が裕福じゃなかったから、例えばたまに親父が買って来たりする、持つところがアルミホイルで包まれたローストチキンなんか、「うわっ! ごちそうだ!」という感じだったね。“あこがれの食べ物”はほかにもいろいろあったなぁ。今ではどうしてそう思っていたのかわからないんだけど、自分の中で「お金持ちの食べ物」と思っていたのが、グラタンとドリアなんだよね。今ではどちらも手軽な料理なんだけど、今から45年以上も前の小学生時代には、何となくキラキラしたオシャレな食べ物に思えたんだよね。


 まあ、そんなことを回想しながら、のんびりと3月の、ある天気のいい日に散歩をしていた私。気が付くと、八坂駅あたりまで歩いていた。「ここまで来たなら、久しぶりにあのお店に行ってみるか」と向かったのは……。

kitchenひまわり

 八坂駅から歩いて1分とかからないところにある洋食店「kitchenひまわり」。オープンしたのは2014年だから、もう5年になるんだね。

 ちょうどランチタイムだったせいもあるけど、お店に入ると、ほぼ満席状態。2人掛けのテーブル席が空いていたので、私はそこに案内された。

ランチメニュー

 ランチメニューはこんな感じ。前回は「ハンバーグ」を食べたんだよなぁ。

季節のメニュー

 こちらは「季節のメニュー」。カキの料理がいろいろあって、そそられるなぁ。
 何となくドリアの気分になっていた私。となると、「シーフードドリア」(1100円)、「きのこドリア」(900円)、「カキドリア」(1100円)の3択となる。迷ったけど、私は懐具合を考えて「きのこドリア」をチョイスした。

サラダ

 まずサラダが運ばれて来て、

スープ

 続いてスープが運ばれて来た。ゆっくり食べたつもりだけど、食べ終えてもメインの「きのこドリア」は来ない。時間のかかる料理だから、仕方ないよね。
 スマホをいじりつつ待っていると、来ました、来ました。

きのこドリア

 表面がこんがりとキツネ色になった「きのこドリア」。チーズの焦げた香りがたまらない。旨そうだなぁ。

まだグツグツしてる

 お皿の縁を見ると、まだグツグツとしている。湯気は立ってないけど、中は相当に熱々という感じだ。

熱々をいただきま~す

 それではスプーンを突き入れて、いただきま~す……。

熱々じゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

でも旨いッO(≧∇≦)O!!!

 家では子どもたちにドリアをつくることはあるんだけど、自分で食べるのは久しぶりだなぁ。
 何か変な話だけど、子どものころにあこがれていた食べ物だけに、ひと口食べるごとにウキウキ気分になってしまう。食べながらニヤニヤしてたから、きっと周りの人は「気持ち悪い」と思ったろうなぁ(笑)。
 ボリュームがあるから、食べ終えるとお腹いっぱい。お腹もそうだけど、気持ちもすごく満たされた感じ。ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町3-18-27
電話:042-397-3883
営業時間:ランチタイム午前11時~午後3時/カフェタイム午後3時~6時/ディナータイム午後6時~10時
定休日:火曜・第3水曜
店内禁煙
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す56歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR