東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

衝撃的な肉汁うどん

 このところ、東村山市内のうどん店は減り続けている。つい先日も西武遊園地駅近くにある武蔵野うどんのお店「宅部うどん」が2月で閉店してしまったことを確認したばかりだ。
 このまま個人経営のうどん店は減り続けて、東村山市のうどん店は「久兵衛屋」「丸亀製麺」だけになってしまうのだろうか?……そんな暗い気持ちになりかけていた私のもとに、ある情報が届いた。
 秋津町に新しくうどん店がオープンしたというのだ。
 これは早速、確認しに行かなきゃと、私は所沢街道から旧所沢街道に入り、所沢方面に向かってテクテク。情報によると、所沢駅行きの「柳瀬橋」のバス停近くにあると言うのだが……。

「柳瀬橋」のバス停近くに幟が

 おっ、バス停近くの一軒家に幟が立っている。ひょっとして店舗ではなく、自宅系なの?

普通の一軒家の玄関に「うどん」の暖簾が出ている

 近づいてみると、やっぱりどう見ても普通の一軒家だ。で、玄関に「うどん」と書かれた暖簾が出ている。

メニューはシンプルに2種類

 メニューは「肉汁うどん」(600円)と「冷しうどん」(400円)の2種類。シンプルでいいねぇ。でもなぜか、手作りの「フルーツパウンドケーキ」(100円)があるんだよね。うどんのお店でパウンドケーキねぇ。うーん、どういうことだろう?

暖簾の向こうは普通の玄関。靴を脱いで上がる

「うどん」の暖簾の向こうは、普通の家の玄関。だから靴を脱いで上がるようになっている。
 店名紹介が遅れたけど、このお店は「輝恵(きえ)」という。玄関を上がると、普通に廊下があり、居間の部分に客席が置かれている。もう閉店しまったが、青葉町にあった自宅系のうどん店「和こう」に似ている。

 すでに先客が3人。4月にオープンしたというから、まだそんなに日が経ってないハズだが、人気があるみたいだ。
 席に座ると、私は「肉汁うどん」をお願いした。

まずは小鉢が2つ

 待っていると、まずは小鉢が2品運ばれて来た。冷奴ともずくだ。暑かったから、こういう小鉢はうれしいなぁ。

これが「肉汁うどん」

 しばらくして、メインの肉汁うどんが登場! 見た瞬間、私は驚いたよ。

うどんのアップ

 だって、うどんはこんな感じだよ。短くて、厚さも幅もバラバラ。ここまで不ぞろいのうどんは、あまりお目にかかったことがない。

短く、不ぞろいでゴワゴワしている

 そして茹で上がったばかりのうどんは、艶っぽく光を反射させるのだが、このうどんは表面がごわごわしているせいか、ひかりが乱反射して艶やかさがあまり感じられない。

かき揚げとほうれん草、刻みネギが添えられている

 うどんと一緒にかき揚げと茹でたほうれん草、そして刻みネギが添えられている。

肉汁は真っ黒

 驚いたのは、うどんだけではない。肉汁もこれほど真っ黒なのは初めてかも。
 しかも肉は角煮。それもゴロゴロ入っている。

しかも肉は角煮

 ちょっと気になるから、肉だけ先にいただいてみるかな……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 まさに角煮。柔らかくて超旨い。何か贅沢な肉汁だなぁ(笑)。

うどんを浸すとサーッと染まっていく

 では、うどんを浸していただくとしますかね。おおっ、うどんがこんなに染まっちゃうんだ。これって相当濃いってことなのかなぁ。とにかく食べてみますか。ズズッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 ちょっとうどんのあの染まり方に少しビビッたけど、味はそれほど濃くはない。角煮が入っているせいか、甘辛いつゆを想像してしまいがちだけど、やや酸味があって普通のうどんつゆっぽい。
 うどんは不ぞろいな分、食感が楽しくてついつい噛みしめてしまう。この素朴なうどんの味わい、うどんじゃない何かに似てるなぁ……そうだ、すいとんに近い気がする。武蔵野うどんとは違う趣だけど、その昔、各家庭で打って食べていたという頃のうどんは、ひょっとしたらこんな感じだったかもしれない。


 店名の「輝恵(きえ)」は人の名前のようにも見えるが、部屋に飾られていた調理師免許証を見ると、「輝」という文字は使われているものの、ご主人の名前ではないようだ。確認はしていないけど、ひょっとしたら、奥さんの名前に「恵」が付いていて、ご主人がうどん担当、奥さんが手作りケーキを担当しているのかもしれない。
 今度行ったら、店名の由来を確認してみようかな。


 帰り際、ご主人がわざわざ見送ってくれた。

「7月から夜も営業しようと思っているんです。うどん以外のメニューも出すつもりです」

 そういうことであれば、今度は7月以降に、夜に行ってみようかな。




【DATA】
住所:東村山市秋津町3-22-1
営業時間:正午~午後2時
定休日:火曜
駐車場:2台分あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2019/06/13 11:20 ] 【うどん】 輝恵(秋津町) | TB(-) | CM(2)

【極める!】2019冷やし麺 2杯目

【これまでの制覇リスト】
2019年06月08日「味六」



 今回やって来たのは、西武池袋線は秋津駅の南口。改札を出ると、すぐ目の前に見えるのが……。

富士そば秋津店

 立ち食いそばチェーンの「富士そば秋津店」。このお店、ナント、東村山市のソース会社「ポールスタア」とコラボして、2019年5月からユニークな限定メニューを販売しているのだ。それがコチラ。

目的はコレ

「ポールスタア」の「東村山黒焼そばソース」を使った「東村山!!黒ソースそば」(480円)だ。
 これは焼きそばではなく、「東村山黒焼そばソース」を和えたモノなのだとか。
 麺はそばとうどんから選ぶことができ、さらにそれぞれ温めた麺と冷たい麺を選べことができる。

券売機の左上ポジションとは凄い

 券売機を見ると……おおっ! イチ押しメニューのポジションである左上に「東村山!!黒ソースそば」があるではないか。このお店だけの限定メニューだけに、力が入っているね。
 私は左上のボタンをポチッと押すと、さらにトッピングメニューの中から「温泉玉子」(60円)もポチリ。
 麺は冷たいそばでお願いした(冷やし麺の記事だからね 笑)。

東村山黒ソースそば温玉乗せ

 これが「東村山!!黒ソースそば」の冷たいそばバージョン、温玉乗せだ。
 本来の具材は天かす、紅生姜、アキアミ、刻みネギの4つ。これだけだと寂しかったかもしれないけど、ココに温泉玉子が入ったことで、かなりゴージャス感が増した気がする。旨そうだ。
 あと、冷たい麺だからなのかもしれないけど、丼の縁にカラシが添えられている。冷やし中華ではカラシは必須だけど、この場合はどうなんだろう? これも楽しみだ。

すでにそばは東村山黒焼そばソースで染まっている

 では、まずはかき混ぜずにそのままそばをいただいてみますかね。よく見ると、そばはすでに「東村山黒焼そばソース」で黒く染まっている。

まずはそのままいただきま~す

 箸で引き上げて、ズズズッ……。

旨いじゃないの (´ ▽`).。o♪♪

 日本そばに「東村山黒焼そばソース」が合うことは、東村山駅東口にあるそば屋「ますも庵」が証明してくれているけど、あれは焼きそばなんだよね。そのまま焼かずに「東村山黒焼そばソース」を絡めただけでも旨いんだね。これにはちょっとビックリ。

温玉を崩さずに混ぜ混ぜ

 続いて、温玉を崩さないようにして、ほかの具材を混ぜつつ天地返し。「東村山黒焼そばソース」がよく絡んで、そばがさらに黒くなっていく。かき混ぜた具材とともにそばを引き上げ、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

「東村山黒焼そばソース」を吸った天かすがいい味と食感を出してくれて、これはいいねぇ。

 さてさて、それでは満を持して温玉を崩すとしますかね……。

続いて温玉を崩して…

旨いそうじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 普通の人にはちょっと汚いビジュアルかもしれないけど、私のようなタマラーには、これはたまんないビジュアルだね。

黄身を絡めていただきま~す

 黄身を絡めつつ、ズッ、ズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、温玉のトッピング、大正解。
 そうそう、カラシのことを忘れていたので、途中で少しそばに付けて食べてみたら、これがまた旨くてビックリ。合うもんだね。

汁が残ったので

 かなり汚いビジュアルだけど、そばを食べ終えると、こんな澱んだ汁が残る。

そば湯で割ってみた

 これをそば湯で割って飲んでみると……。

旨いねぇ (´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、ここまで楽しめるとは正直、思わなかった。
「焼かずに、ソースを和えるだけってどうなんだろう?」と思ったけど、考えてみたらカップ焼きそばって、茹でた麺にソースを絡める和え麺だよね。舌が味を受け入れる土壌はできていたワケだ。


 ちなみにこの「東村山!!黒ソースそば」、秋津店だけの販売だったのだが、好評につき6月から販売拡大し「大井町駅前店」、「代官山店」、「田端店」、「歌舞伎座前店」でも食べられるのだとか。どうせならいっそ定番メニューになってくれないかなぁ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-8-23
営業時間:24時間(ただし行政の指導により、午前3時より45分間は閉店)
定休日:無休
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2019/06/12 05:00 ] 【そば】 富士そば(秋津町) | TB(-) | CM(0)

夏に向けてスイーツを充実

「あぢ~ッ」……言っても仕方のないことなんだけど、つい口にしてしまうほど暑かったある日の午後。テクテクと歩いてやって来たのは……。

国立療養所多磨全生園

 青葉町にある「国立療養所多磨全生園」。ここに私が来たということは、目的地はただ1つ。

なごみ

 そう、園内の唯一の飲食店である「なごみ」だ。ほぼ毎日書き込んでいるお店のフェイスブックページに、新たなメニュー情報が出ていたから来たんだよね。その新たなメニューがコチラ。

かき氷を始めたらしい

「かき氷」だ。6種類の味があるのか。いいねぇ。夏の暑い時期になると、こういう冷たいモノがあるとありがたいよね。

6種類と思いきや、さらに2種類あった

 お店に入ると、こんな貼り紙が。へぇ、6種類と思ったら、さらに小豆を加えた「宇治金時」と練乳をかけた「いちごみるく」があるんだ。充実してるねぇ。

こんなメニューもあった

 店内を見回すと、こんなメニューを発見。「極上うな重」に「熟成とんかつ定食」、さらには「フライドチキン」だって。凄いなぁ。ちょっと来ないうちに、メニューがかなり豊富になったようだ。

 まあ、今回の私の目当ては「かき氷」なので、席に座ると、「かき氷」を注文した。頼んだのは「宇治金時」(500円)なんだけど、ちょっとワガママを言って、プラス200円でソフトクリームを追加でかけてもらうことにした。

宇治金時ソフトクリーム乗せ

 ということで、これがメニューにはない特注の「宇治金時ソフトクリーム乗せ」(700円)。旨そうじゃないの。

小豆の粒がデカい

 乗っているのは、このお店のウリである「ぜんざい」の小豆だから粒がデカい。

このソフトクリームが濃厚クリーミーで旨いんだなぁ

 そしてこのソフトクリームが濃厚クリーミーで旨いんだなぁ。

まずはソフトクリームから

 ではでは、ソフトクリームからいただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 外が暑かったから、なおさら旨いよ。

続いて小豆を

 続いて抹茶味のかき氷とともに小豆をいただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやいや、一気に暑さが引いていく。旨いなぁ。
 青葉町には飲食店が少ないから、定食が食べることができ、スイーツも食べられるこういうお店はありがたいよね。「なごみ」は「全生園」のオアシスから、地域のオアシスになりつつある感じだ。いいねぇ。




【DATA】
住所:東村山市青葉町4-1-1
電話:042-395-2755
営業時間:午前11時~午後7時30分(ランチタイムは午前11時~午後2時)
定休日:月曜
ホームページはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




老舗持ち帰り寿司チェーンが始めた唐揚げ弁当

 持ち帰り寿司の老舗チェーンである「小僧寿し」。今や回転寿司チェーンと宅配寿司チェーンに押されて、やや影の薄い存在になってしまったが、高級料理のイメージが強かった寿司を、庶民も食べられる料理にした功労者であることは間違いない。
 私も一時期は「寿司が食べたいなぁ」と思った時、よく利用させてもらったモノだ。

 今は回転寿司や宅配寿司、さらには持ち帰り専門の海鮮丼チェーンまで出現したせいで、店舗は減りつつある。東村山市内にも以前は2店舗あったのだが、久米川駅南口にあったお店はいつの間にか閉店してしまい、現在では恩多町は鷹の道沿いにある「小僧寿し東村山店」だけになってしまった。

小僧寿し東村山店

 先日、たまたま「小僧寿し東村山店」の前を通りかかったら……ん? 何だ?

横にこんな看板が

 入り口横にデカデカと「元祖中津からあげ総本舗」という看板が出ている。これって、どういうことなんだろうか? 店内にもう1つお店があるってことなんだろうか?

どうやら一緒に販売しているようだ

 店舗横には「どんぶりメニュー」とともに「元祖中津からあげ総本舗」のメニューが貼り出されている。別のお店が入っているというよりは、「小僧寿し東村山店」がどっちも出していると考えた方がいいのかもしれない。
 ちょっと気になったので、私はお店に入って見ることにした。注文受付は1カ所だけなので、やはり思った通り、「小僧寿し東村山店」のメニューとして、「元祖中津からあげ総本舗」の「からあげ弁当」を出しているようだ。

へぇ、つくり置きじゃなく、握りたてを出すんだ

 以前は出来上がった寿司が並んでいたような気がしたんだけど、今は「にぎりたて」を出すらしい。こだわりがあっていいなぁ。頑張っているんだね。
 久しぶりに「小僧寿し」の寿司を食べてみたい気がしたけど、今回は「からあげ弁当」を食べてみることにした。注文したのは「からあげ弁当(大)」(442円)。

 せっかく揚げたてを入れてくれたので、近くの公園のベンチで食べることにした。

からあげ弁当(大)

 これが「からあげ弁当(大)」。ご飯とおかずがセパレートになっている。

唐揚げが5個入っている

 唐揚げが5個にポテトサラダと香の物が付いている。至ってシンプルな弁当だ。まあ、1コインしないから、こんなモノじゃないかな。

では、いただきま~す

 では早速、唐揚げをいただいてみますか……。

 おおっ、旨いッO(≧∇≦)O!!!

味がよく染みている

 お肉にシッカリと下味が付いていて旨い。コロモはカリッとしていて、肉はジューシーというほどでもないけど、しっとりとして柔らかい。大きさはやや小ぶりだけど、これ1個でかなりご飯をかき込むことができる。
 一番安い313円の「からあげ弁当(小)」は唐揚げが3個だったので、「3個じゃご飯は食べられないだろう」と思い、5個入っている「からあげ弁当(大)」にしたんだけど、この味付けの唐揚げなら、3個でも十分ご飯が食べられそうだ。

 正直に告白すると、近年の「小僧寿し」は業績低迷から脱却しようと「麺や小僧」というラーメン事業を展開したりして、ちょっと迷走気味て、この「からあげ弁当」もそんなに期待してなかったんだけど、これは侮れないね。旨いと思う。
 唐揚げだけを購入することもできるから、寿司と一緒にもう一品、おかずとして唐揚げを買うのも手かもしれない。


 今やスーパーでもお弁当と一緒に寿司が売られているから、持ち帰り寿司専門の「小僧寿し」は、これから先も厳しい状況が続くと思う。でも頑張って欲しいな。
 次に来た時は、久しぶりにこのお店の寿司を買ってみようかな。




【DATA】
住所:東村山市恩多町4-1-1
電話:042-391-1189
営業時間:午前10時~午後8時30分
定休日:なし
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.17

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



地元店の限定メニューが拡大販売に

 全国どころか海外にも出店している立ち食いそばチェーン「富士そば」。東村山市にも秋津駅南口の改札を出てすぐ目の前に「富士そば秋津店」がある。

富士そば秋津店

 この「富士そば秋津店」、今年の5月から、市内の地ソース会社「ポールスタア」の「東村山黒焼そばソース」を使ったユニークなメニューを、このお店のみで限定販売し始めた。それがコチラ。

「ポールスタア」とコラボしているようだ

「東村山!!黒ソースそば」(480円)だ。貼り紙に「ポールスタア」のゆるキャラ「よしくん」が出ているから、正式にコラボしているんだろうなぁ。
「富士そば」フェイスブックページによると、麺は日本そばを使っていて、焼かずに「東村山黒焼そばソース」を和えているのだとか。

 で、5月からのメニュー販売が好評だったようで、ナント、6月から販売拡大し「大井町駅前店」、「代官山店」、「田端店」、「歌舞伎座前店」でも食べられるようになったのだという。うれしい話じゃないの。もっと販売拡大しないかな(笑)。



場所の説明不能!住宅街のカフェ

 フェイスブックページにユニークなカフェの情報が寄せられたので、確認をしに秋津地域に向かった私。添えられていた地図情報を頼りにズンズンと歩くものの、完全な住宅街なのでだんだんと不安になって来た。でも、歩いて行くと……。

周りは完全な住宅街

 あったよ! 本当にあったよ(凄くホッとした 笑)。
 住宅街にマジでポツンとあるカフェ「cafe muku」。これは探すのがひと苦労だなぁ。

犬と一緒もOKのようだ

「テラス席 わんこOK」とあるから、犬の散歩のついでに立ち寄ることもできるみたい。これは犬を飼っている人にはうれしいかも。 この場所、私にはうまく説明できないから、行ってみたい人はこちらのホームページにある地図を参考にしてくださいな。



秋津にうどん店がオープン!

 西武遊園地駅近くにある武蔵野うどん店「宅部うどん」の閉店ショックをまだ引きずっている私だけど、閉店するお店がある一方、新しくオープンするお店もちゃんとあるんだね。世の中はうまくできている。

 友人から新しいうどん店の情報をいただいた私は、確認をするため、秋津町は旧所沢街道をテクテク。

「柳瀬橋」のバス停近くに…

「柳瀬橋」というバス停からほど近いところに「うどん」の幟が! 

ナント、うどん店が

 普通の一軒家の玄関に「うどん」の暖簾がかかっている。こういう佇まい、「宅部うどん」の生まれ変わりと言えなくもない。

肉汁うどんを出すようだ

 店名は「輝恵(きえ)」。早速、入って「肉汁うどん」を食べたのだけど、これが衝撃的だったんだよね。それについては後日、記事で紹介しますね。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す56歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR