東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


【極める!】2018冷やし麺 1杯目

 暑くなってくると、冷たい麺類が食べたくなりますよね。冷やし中華、冷やしたぬき、冷やしきつね、冷やし担々麺、冷やしラーメンなどなど、いろんな冷やし麺が世の中にはあるし、もちろん東村山市にもある。
 ということで、「今年は冷やし麺を積極的に食べてみよう」と思い、こんな企画を始めてみた。大体、冷やし麺のシーズンは6月から9月までかな。4カ月の間に何杯食べられるだろうか(笑)。とりあえず、20杯を目標に頑張ってみようと思う。


 さて、1杯目をどこで食べるか。実は私の中では決まっていたんだよね。

もみじ

 やってきたのは、久米川駅南口のラーメン店「もみじ」。このお店には夏季限定の冷やし麺が2つある。「冷やし味噌らーめん」(880円)と「盛岡冷麺」(880円)だ。
 たぶん、もうやっているとは思うけど、一応確認しないとね。

「夏メニューやってます」の文字が!

 看板を見ると……おおっ! 「夏メニューやってます」という貼り紙が出ている。
 では、入るとしますかね。
 券売機で私が買ったのは「盛岡冷麺」。「冷やし味噌らーめん」も旨いんだけど、私はこのお店の「盛岡冷麺」が大好きなんだよね。

 カウンター席に座って、待つことしばし。来たよ、来たよ!

盛岡冷麺

 これが「盛岡冷麺」。このビジュアル、旨そうだよね。冷麺に茹で玉子が乗っていることは多いけど、このお店の場合は黄身までしっかりと味が染みた味付け玉子。これがまた旨いんだなぁ。

後ろから見ると、こんな感じ

 後ろから見ると、こんな感じ。このトマトがまたいいんですよ。

このスープが旨いんだよなぁ

 さてさて、スープからいただいてみますかね……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 冷たくて、スッキリ&サッパリしている。これにキムチの辛さが溶け込むと、さらに旨くなるんだよね。

麺のアップ

 透き通ったクリーム色の麺を引き上げて、一気にズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 相変わらずのプリプリ麺。冷たくてのど越しが気持ちいい。キムチと一緒に食べると、これがまた旨いんだなぁ。
 途中でラー油や酢を入れて、味変を楽しむのも手だけど、この「盛岡冷麺」はキムチによる味変だけでも十分楽しめる。脇に添えられているキュウリやトマトが、キムチの辛さを程よく中和してくれて、いいんだよね。

当然の完食

 当然の如くスープも飲み干して、完食。いやあ、旨かったなぁ。
 このお店の「盛岡冷麺」は本当にイチ押し。「冷麺が好き」という人は、ぜひ食べてみて。
 



【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時30分~午後3時/午後6時~11時(ラストオーダーは10時30分)
定休日:火曜
店内禁煙
ホームページはこちら
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/06/24 07:33 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

激旨の鶏レバ

「1軒目で、しかも昼飲みなら、この間みたいな大失態はさすがにしないだろう」と思い、お昼時に私が向かったのは……。

川島屋

 美住町にある居酒屋「川島屋」だ。
 先日、友人と八坂商店会にあるダイニングバー「HACHI」でランチタイムに飲みまくり(その時の記事はこちら)、そのあと江戸街道沿いのたこ焼き専門店「北海たこ焼」でたこ焼きをツマミにビールを飲み(その時の記事はこちら)、3軒目に「川島屋」を訪れ、酔いつぶれて眠ってしまうという大失態を犯してしまった私。今回、訪れたのは、そのリベンジというワケ。店長さんにもちゃんと謝っておきたかったしね。

「マサさん、気にしなくていいですよ」と店長さんに言われて、ホッとした私は早速、瓶ビール選びに(笑)。

瓶ビールは4種類ある

 このお店の瓶ビールはキリンの「クラシックラガー」、サッポロの「黒ラベル」、サッポロのラガーで通称「赤星」、そしてアサヒの「スーパードライ」がある。ビールとしての人気は「スーパードライ」が一番なのだけど、瓶ビールの中ではキリンの「クラシックラガー」がよく出るのだとか。

 店長さんによると、「ビールはやっぱりコレだよ」と言って飲む人が多いのだとか。その気持ち、私もよくわかる。初めて飲んだビールはキリンのラガーだったしね。あの苦みがいいんだよね。今は苦いビールなんてないからね。

 4種類も瓶ビールがあるから、飲み比べるお客さんもいるのだとか。この4つはどれも個性が強いから、飲み比べると面白いかもね。
 そんなことができるのも、このお店が居酒屋であると同時に酒屋でもあるからなんだよね。

キリンのクラシックラガーでお疲れさん

 キリンの「一番搾り」を置いているお店は多いけど、「クラシックラガー」を置いているお店はあまりないから、私は「クラシックラガー」をチョイス。久しぶりに飲む「クラシックラガー」は、昔のラガーほどの苦みはないものの、やはり旨い。

牛すじ煮込み

 最初に頼んだツマミは「牛すじ煮込み」(550円)。「モツ煮」(380円)を前回食べたから、今回はコレにしたんだけど、旨いねぇ。

鶏皮ポン酢

 そして頼んでないけど、店長さんが「鶏皮ポン酢」を出してくれた。これがまた旨いんだよね。ビールがクイクイ進んじゃうよ(笑)。

もも肉山賊

 で、来ました、来ました。前回、ひと切れ食べたあと、電池が切れたようにコトッと眠ってしまい、残してしまった「もも肉山賊」(850円)が。
 今回も凄いボリュームだね。

コロモはサクッ、中はジューシー

 見てくださいよ。コレですよ。旨そうじゃないですか。では、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 コロモはサクッとしていて、中は柔らかくてジューシー。これはもうビールが一番合うよね。「もも肉山賊」をひと切れ頬張りつつ、手酌でグラスにビールを注ぎ、グビッとあおる……カーッ、たまんないねぇ。何て充実した昼下がりだろうか(笑)。

箸休めの沢庵

「何かお新香みたいなモノ、ありませんか」と頼んだら、お母さんが沢庵を出してくれた。これがいい箸休めになって旨かったんだなぁ。


 このお店、よく見ると、メニューに焼き鳥があるんだよね。

*もも(1本120円)
*つくね(1本120円)
*とり皮(1本120円)
*ヤゲン(1本120円)
*ねぎま(1本130円)
*皮巻にんにく(1本130円)
*皮巻ゴボウ(1本130円)
*とりレバ(1本150円)
*とりハツ(1本150円)


 たぶん旨いと思うから、全部、ひと通り食べてみたいけど、さすがにあのボリュームの「もも肉山賊」がまだ残っているから、私は「とりレバ」と「とりハツ」を2本ずつお願いした。タレと塩があるんだけど、店長さんのオススメの食べ方でとお願いしてみた。

とりハツ

 これは「とりハツ」。塩なんだね。食べてみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 柔らかくてジュワッと旨味が口に広がる。いいねぇ。

とりレバ

 続いて「とりレバ」。こちらはタレなんだね。もう見るからに、焼き加減がレアっぽくて旨そう。タレによるツヤと焦げ目がまた、たまんないね。

これが激旨!

 ではでは、いただいちゃいますね……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 タレが甘くないんだけど、それが逆に鶏レバのほのかな甘さを引き立てている感じ。食感は予想通り、柔らかくてトロッとしている。コレ、激旨だわ。
 ビールもいいけど、ちょっと日本酒が欲しくなるなぁ。

辛口の日本酒「秀鳳」

 ということで、店長さんがイチ押しする、山形県は山形市の「秀鳳酒造」の特別純米酒「秀鳳」を頼んでみた。日本酒度がプラス10の超辛口のお酒。飲むと、水のようにスーッとノドを滑っていく。すっごく飲みやすくて、すっごく危険なお酒だ(笑)。まあ、旨いから飲んじゃうけどね。


 いやあ、飲んだ、飲んだ、食べた、食べた。「なんちゃって菜食生活」を忘れて、肉三昧になっちゃったけど、たまにはいいんじゃないかな。それにしても、あの「とりレバ」、旨かったなぁ。今度は昼飲みで、焼き鳥をひと通り食べてみようかな(笑)。




【DATA】
住所:東村山市美住町1-6-14
電話:042-391-1683
営業時間:午前11時~午後2時/午後4時30分~10時
定休日:水曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





サンライズのあるパン屋さん

 東村山駅東口から府中街道を所沢方面に進むと、お弁当も販売する定食屋「じゃがいも」が左側に見えるのだが、その隣にパン屋がオープンしたという情報を耳にした私。早速、行ってみると……。

こむぎ

 あった、あった。「こむぎ」という店名なんだね。

営業時間

 オープンしたのは2018年5月16日。一応、営業時間はこうなっているけど、ひょっとしたら今は変わっているかもしれない。何しろ取材に行ったのは、3週間ほど前なので(汗)。

パンはショーケースの中にある

 お店に入って、「おや?」と思ったのは、パン屋さんなら必ずあるトレーとトングがないことだ。入ると、すぐ目の前にケーキ屋さんのようなショーケースがあり、その中にパンが並んでいる。ケーキ屋さんのようにお店の人が、こちらの欲しい商品を取ってくれるスタイルのようだ。

こちらには袋詰めされたパンがある

 ショーケース以外にもパンは置いてあるが、すでに袋詰めされている。ケーキ屋さんの焼き菓子コーナーみたいな感じ。面白いスタイルだね。

「それでは」とショーケースを眺めてみると……。

あっ、「サンライズ」だ

あっ!O(≧∇≦)O「サンライズ」だ!!

 関東に人にとっては、どこからどう見ても「メロンパン」だと思うけど、広島出身の私には、これは「サンライズ」なんだよね。思わずお店の人に出身を聞くと、ナント、広島だという。いやあ、うれしいなぁ。東京に来て「サンライズ」にお目にかかるのは、ひょっとしたら初めてかもしれない。
 これはもちろん、「買い」だよね(笑)。

店員さんイチ押しの「クリームパン」

 出身が広島と聞いて、急に親近感が沸き、お店の人にオススメを聞くと、「クリームパン」を挙げてくれた。「お客さんは、カスタードクリームが美味しいと言ってくれてます」とのこと。

うずたま焼カレー

 個人的に気になったのは、「うずたま焼カレー」(180円)。うずらの玉子が入っているのだという。

 ということで、私は「サンライズ」と「クリームパン」、「うずたま焼カレー」の3つを買ってお店を出た。

「うずたま焼カレー」からいただきま~す

 適当に座る場所を見つけて、おもむろにパンを取り出す。まずは「うずたま焼カレー」からいただきますかね。

ゴロッとした具が入っている

 おっ、ニンジンやじゃがいもなど、野菜がゴロッとしている。カレーは甘めで、子どもでも大丈夫な味だ。

うずたま発見

 食べ進むと……おっ、「うずたま」発見! 何だか宝探し的な楽しみがあっていいね。これは子どもにウケるかもね。

サンライズ

 続いては、お楽しみの「サンライズ」。まあ、「メロンパン」と全く変わらないんだけど、名前が違うだけで、気持ちが小・中学生のころに戻ってしまい、妙にワクワクするんだよね。

クッキー生地が分厚くて旨い

 ガブッと食べると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 そうなんだよ。メロンパンと同じではあるけど、クッキーの生地部分が分厚いんだよね。ホント、懐かしいなぁ。

クリームパン

 最後は「クリームパン」。カスタードクリームは私も大好きだけど、これはどういう感じなんだろうなぁ。

懐かしい味のカスタードクリーム

懐かしいねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 この優しい味わい。すごく懐かしい。甘さが控えめで、すごく自然な感じ。昔のクリームパンという感じがする。
 食べていると、広島で過ごした少年時代を思い出してきたよ。


 店内にはイートインスペースがあるんだけど、私が行った時にはまだ準備中で、「6月半ばくらいには利用できるようにしたいと思っています」ということだったので、今は店内で食べられるんじゃないかな。店内で食べられるということは、おそらくドリンク類も用意していると思う。
 近いうちにまた行って、今度は店内で食べてみるとしよう。




【DATA】
住所:東村山市久米川町4-39-26
電話:070-4297-2773
営業時間:午前10時~午後6時
定休日:日・月曜、祝日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/06/22 06:23 ] 【パン】 こむぎ(久米川町) | TB(-) | CM(0)

並でも満腹&満足の全部乗せラーメン

 ここ最近、秋津に来ると、ラーメンが食べたくなるんだよね。それくらい秋津はラーメン店が増えたし、「また行きたい」「今度はアレを食べよう」と思わせる旨いラーメン店が多いんだよね。
 で、この日は家系ラーメンが食べたい気分だった私。秋津には3つの家系ラーメン店があるんだけど、私は迷わず、このお店に向かった。

二代目常翔家

「二代目常翔家」だ。家系ラーメンは醤油豚骨スープで、「どこも似たりよったりの味でしょ」と思っている人もいるかもしれない。確かに似ているけど、微妙に違うんだよね。で、秋津に3つある家系ラーメンの中で、このお店の醤油豚骨スープが、一番、私の好みなんだよね。「どう違うの?」と聞かれたら、うまく説明できないんだけどね(笑)。

 スープが個人的に好みだからってのもあったけど、「二代目特製ラーメン」という、いわゆる全部乗せラーメンを一度食べてみたかったから、このお店を選んだんだよね。
「二代目特製ラーメン」は並が950円、中が1050円、大が1130円。私は券売機で「二代目特製ラーメン」の並をポチッと押し、カウンター席に座ると、食券を店員さんに手渡した。そして店員さんがいつものように麺の固さ、味の濃さ、そして脂の量を聞いてきたので、「固め、濃いめ、普通」と返事。
 無料ライスは中ライスをお願いした。ラーメンは並盛りでも、中ライスを付ければ満腹は保証されたようなモノだ(笑)。

「二代目特製ラーメン」の並

 しばらく待って、来た、来た。
 これが「二代目特製ラーメン」の並と中ライス。

いろいろ乗っていていいねぇ

「二代目特製ラーメン」には、チャーシュー3枚、海苔6枚、半熟玉子1個、そしてホウレン草が乗っている。ホウレン草は通常より多めになっている。
 海苔6枚だけで、中ライスは食べられると思うな。海苔をしっかり醤油豚骨のスープに浸してから、ライスに乗せ、箸でクルッとライスを海苔で巻いて食べると旨いんだよね。もう考えただけでヨダレが出てくる(笑)。

脂は普通にしたんだけど、こんな感じ

 脂の量は「普通」にしたんだけど、この量だからねぇ。でも飲むと……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 見た目ほどこってりしてなくて、旨いんだよね。

麺のアップ

 麺がまたモチッとして旨いんだなぁ。このお店のモットーが、

「ラーメンをおかずにご飯を食べる」それが常翔家スタイル!

コレなんだけど、いやホントに「これが正しい家系の食べ方なんじゃないの」と思ってしまうほど、ライスによく合うスープなんだよね。

スープを飲み干して完食

 当然の如く、スープを飲み干して完食。いやあ、満腹です。そして満足です。凄く満たされた気分。今度はこの「二代目特製ラーメン」に九条ネギをたっぷりトッピングしてもらって食べようかな。九条ネギもこのスープに合うと思うんだよね。そしてスープに浸した九条ネギがライスにも合うと思うんだよね。
 いかん、いかん、またヨダレが出てきてしまった(笑)。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-63
電話:042-397-7725
営業時間:午前11時~深夜0時
定休日:なし




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





ほぼ週刊東村山グルメニュース vol23

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



家系ラーメン店の冷やし麺

 東村山市内に4つある家系ラーメン店。このうちどこかが夏季限定で冷やし麺を出すだろうと思っていた私。先日、秋津地域を散策したら……。

らーめん春樹 新秋津店

 新秋津駅近くの「らーめん春樹 新秋津店」に何やらポスターが貼り出されていた。近づいてみると……。

冷やし麺のポスター

 ほほぅ、「エビトマトつけ麺」と「冷やしらーめん」とな。どっちも気になるなぁ。近いうちに食べに行ってみよう。



これなら食べられるかも

 秋津駅近くの「蒙古タンメン中本 秋津店」。辛いモノはそんなに苦手じゃないつもりだけど、このお店の辛さは、私にはちょっとダメみたい。

蒙古タンメン中本 秋津店

 で、そのまま通り過ぎようと思ったら、こんなポスターが目に入った。

こんなポスターが

 このお店も冷やし麺を出すんだね。しかもこの「冷し醤油タンメン」なら辛くなさそうだから、食べられるかも。「野菜たっぷり」っていうのもいいよね。久しぶりに行ってみようかな。



どう変わっていくんだろう?

 どうやら秋津駅南口の駅ビル工事が始まったようだ。

工事中の秋津駅南口

 どういう工事なのか概要が示されていないのでわからない。
 以前からの予想では、秋津駅の南口と北口を結ぶ連絡路ができるのでは?という話だけど、果たしてどうなんだろう?

「VIE DE FRANCE(ヴィ・ド・フランス)秋津店」は営業していた

 パン屋の「VIE DE FRANCE(ヴィ・ド・フランス)秋津店」は営業しているけど、2階にあった居酒屋「はなの舞」はどうやら営業していないようだ。どう変わるのだろうか? 今後もチェックしていこうと思う。



すぐ近くに同じチェーン店がオープンか?

 新秋津駅のロータリーの角、以前は薬局があった場所に何やら店舗ができるようだ。

何やら店舗ができそうな…

 近づいてみると、ナント、チェーン系の串焼き店「かぶら屋」がオープンするようだ。すでにある「かぶら屋」が移転するのかな? と思ったのだが、違うみたい。

「かぶら屋」ができるらしい

 というのも、すでにある「かぶら屋」「かぶら屋 秋津店」というのが正式店名なんだけど、このお店のアルバイト募集ポスターを見ると、「かぶら屋 新秋津店」と書いてあるんだよね。
 念のため、「かぶら屋 秋津店」をチェックすると、閉店告知も移転告知も何も出ていない。
 確かにこの地域では繁盛しているお店だけど、すぐ近くに同じお店を出すなんて強気だねぇ。



あの豆腐屋さんが秋津にオープン

 秋津駅と新秋津駅の乗り換えルート上に、チェーン系の豆腐屋「三代目茂蔵」がオープンするらしい。

三代目茂蔵

 このお店の商品、一時期、酒屋さんなどでよく目にしたけど、今も頑張っているんだね。知らなかったよ。
 6月21日オープンだって。



残念な閉店

 今回、秋津地域に行ったのは、ブログ読者からの情報を確認するため。商業モール「クロスコート秋津」に行くと……。

「金沢ロイヤルカレー絆 秋津店」は閉店したようだ

 うーん、やはり情報通り、シャッターが降りているか……。
 どうやらチェーン系のカレー店「金沢ロイヤルカレー絆 秋津店」は閉店したようだ。

次のお店のスタッフ募集ポスター

 シャッターに貼られているポスターからすると、8月に昼飲みのできる居酒屋がオープンするらしい。

 このお店のカレー、旨かったのになぁ。残念だよ。



意外な場所に焼き鳥店がオープン

 東村山市役所裏の市役所通り沿いに「B」というランチ専門の喫茶店があったのを覚えているだろうか? あの場所に焼き鳥店「とり幸」が6月20日にオープンするらしい。

「とり幸 市役所前店」

 この場所、以前は居酒屋などお酒の飲める飲食店が並んでいたんだけど、いつの間にか昼営業のみのお店ばかりになっていったんだよね。
 お酒が飲めるお店がオープンするのは、何年ぶりだろう?

「とり幸」と言えば、確か八坂商店会にも同じ名前のお店があったハズ。「市役所前店」とあるし、2号店なのかな?
 気になるのは「キッズルーム完備」の文字。以前の「B」の店内を考えると、そんなスペースはなかったような……店内の奥や2階を使うのだろうか。いずれにせよ、小さい子どもを持つ人にはありがたいかも。



個人的に今一番気になるお店

 久米川駅北口の「肉のかわの」の向かい、和菓子店「亀屋」の隣に空き地があったのだが、数カ月前からそこに建物がつくられていた。

飲食店がオープンするようだ

 狭い敷地だし、「普通の住居かな」と思っていたのだが、どうやら何かお店がオープンするようだ。

店名は「とん亭」

 詳細は全くわからないが、店名は「とん亭」というらしい。豚肉を扱うのかな? 
 私の家から近いし、個人的に今一番気になっているお店。どんなお店なんだろう? 楽しみだ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





[ 2018/06/19 06:26 ] 【つぶやきなど】 グルメニュース | TB(-) | CM(4)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す55歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR