東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

【極める!】2019冷やし麺 4杯目

【これまでの制覇リスト】
2019年06月08日「味六」
2019年06月12日「富士そば秋津店」
2019年07月11日「揚子江」



「西友」「丸山書房」の間の通り、通称「久米川駅南口通り」をブラブラと歩いていると、餃子をウリにしている定食屋「東京餃子食堂 久米川店」が見えてくる。

東京餃子食堂 久米川店

 反対向きになっていて最初は気づかなかったけど、よく見ると「冷し担々麺」という幟が出ている。へぇ、こんなところにも冷やし麺があったのか。
 ということで、早速、入ってみることにした。

目当てはコレ

 テーブルにはドーンと「冷し担々麺」(780円+税)のメニューが置いてある。イチ押しなんだね。ビジュアルもなかなかいいじゃない。
 私は「冷し担々麺」と、平日のランチタイム限定で一緒に頼むと100円+税になる「焼き餃子」をお願いした。

冷し担々麺

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。何となく写真のビジュアルと違う感じ。特にラー油の色が鮮やかな朱色じゃないことに少しガッカリ。

スープはこってり

 だけどスープを飲んでみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 ゴマの風味とラー油の辛さがバランスよく味わえて、しかもこってりと濃厚。そしてひんやりと冷たいのど越し。いいねぇ。この濃厚さは麺によく絡んでいいかも。

麺のアップ

 麺は太くてやや平たい縮れ麺。思った通り、スープがよく絡む。では、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 冷水で〆ているから、やや固めなんだけど、それが歯応えとのど越しになっている。具材もひき肉は旨いし、メンマが特に味が濃くて旨いんだよね。

焼き餃子

「焼き餃子」を食べるのは3回目なんだけど、この味にだんだん慣れてきたのかな、今までは物足りない感じがしていたのに、今回は妙に旨く感じられた。思わず「おかわり」しそうになったくらいだ。

 麺を食べ終えると、スープが残ったけど、アイランドをすると確実にお腹がはちきれてしまうので、そのまま飲み干した。もっと辛さが欲しい人は卓上にあるラー油を追加投入するといいかもね。
 このお店、麺類も意外とイケるんだね。ほかにも食べたい定食メニューがあるから、また近いうちに行ってみようかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-8-6
電話:042-306-1222
営業時間:平日は午前11時~午後3時、午後5時~深夜0時/土・日曜・祝日は午前11時~深夜0時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




住宅街のオアシス

 このブログの読者から「秋津の住宅街に自宅系のカフェがある」という情報をいただき、6月初旬の晴れた暑いに私は行ってみた。
 住所をスマホのマップに入力して……さあ、行ってみますか。

 新秋津駅を背にして、ロータリーを右側に進む。新秋津駅前通り商店街に入り、そば屋の「大村庵」の看板が見えたら右に曲がる。「大村庵」を左側に見つつ進んで行き、突き当たりを左に曲がる。もう完全に住宅街。「こんなところにお店がホントにあるの?」と思いつつ、そこから60メートルほど歩くと……。

おっ、案内看板がある

 おっ、何か案内看板が見えるぞ!

生パスタがウリなのね

 へぇ、「cafe muku(カフェ・ムク)」って言うんだ。生パスタがウリなのね。
 では、矢印の方向に行ってみますか。ということで、案内看板の矢印の方に顔を向けると……。

矢印の方向を見ると……

お店が見えないじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやまあ、これまでもこんな経験をしてるからね。こういう時は信じて進むしかないんだよね。
 というワケで、不安を抱きつつ、ズンズン進むと……。

あっ、幟がある

アッ O(≧∇≦)O 幟だ!!!

 でも、なぜに「新茶」? だけど、まあ、お店らしきモノが見えてホッとしたよ(笑)。
 さらに進んでみると……。 

cafe muku

 おっ、ココが「cafe muku(カフェ・ムク)」なんだ。お店というより、まるっきり自宅だね。

なるほど、「新茶フェア」をやってたから「新茶」の幟なのね

 あっ、今、「新茶フェア」をやってるのか。だから「新茶」の幟なんだね。「新茶風味ボンゴレ」(820円)って、気になるなぁ。

生パスタ、いろいろあるなぁ

 へぇ、生パスタがウリだけあって、種類がいっぱいあるねぇ。

ほかにもこんなに種類があるんだ

 エエッ、ほかにも料理がこんなにあるの? 自宅系にしては凄いねぇ。
 ではでは、入ってみますか。

テラス席がある

 入るとすぐ、テラス席がある。どうやらこのテラス席はペットOKらしい。入り口はこの奥。「入り口」と言っても、普通の住宅のドアなんだけどね。

 入ってすぐが厨房で、女性店主が「そのまま奥へどうぞ」と案内してくれた。自宅系のお店は大抵、靴を脱いで入るんだけど、このお店は靴をはいたままでいいみたい。

 私は2人掛けテーブルに座ると、改めてメニューをチェック。生パスタに魅かれつつも、それほどお腹が空いてなかったので、「日替わり具だくさんスープセット」(750円)を頼むことにした。ドリンクが付いていて、いろいろと選べるのだけど、私は「自家製麹造り甘酒」をアイスでお願いした。
 面白いのはこのお店、料金は前払いシステムなんだよね。

お水はセルフサービス

 お水はセルフサービスなんだけど、ウォーターサーバーもちょっとシャレていていい感じ。中にはレモンと大葉が入っていた。
 水を飲みながら待っていると、来た、来た。

日替わり具だくさんスープセット

 こちらが「日替わり具だくさんスープセット」。

この日はチゲスープだった

 本日のスープはチゲスープ。

確かに具だくさん

 早速いただきますか。おおっ、具だくさんだねぇ……おおっ、旨い。暑い時にこういう、ちょい辛で温かいモノを食べると、いいんだよね。

トーストはオリープオイルに付けて食べる

 一緒に運ばれて来たトーストはチゲスープに浸して食べようと思ったのだけど、オリープオイルの入った小皿が添えられているので、コレに付けて食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 このオリープオイル、岩塩が入っているのかなぁ。バターよりもアッサリと食べられる。何か気に入っちゃって、チゲスープに浸すことなく、トーストを食べ切ってしまった(笑)。

自家製麹造り甘酒

 最後に冷たい「自家製麹造り甘酒」をいただく。麹が底に沈んでいるので、スプーンでかき混ぜてからグビリ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 優しい甘さだねぇ。これは夏向きの飲み物だね。
 いやあ、雰囲気も落ち着いているし、住宅街に忽然と現れるあたり、本当に砂漠のオアシスみたいな感じ。ホームページを見ると、かき氷を始めたみたいだから、今度はかき氷目当てに行ってみようかな。夏にこのお店まで歩くと、きっと汗をかいてかき氷が旨いだろうな(笑)。




【DATA】
住所:東村山市秋津町4-42-69
電話:070-4533-6969
営業時間:午前9時40分~午後6時30分(ラストオーダーは午後6時)
定休日:不定休
駐車場:2台分あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




【極める!】2019冷やし麺 3杯目

【これまでの制覇リスト】
2019年06月08日「味六」
2019年06月12日「富士そば秋津店」



 気が付けばもう7月中旬。「今年こそは冷やし麺を食べまくるぞ!」と意気込んでいたのに、まだ2杯しか食べていない。「これはイカン!」と早速、食べ歩きに出た私。
「そう言えば、今年はまだ冷やし中華を食べてなかったな」と思った私は、「あのお店に行ってみよう」と、久米川駅北口は野火止通りを新青梅街道に向かって歩いて行った。

揚子江

 水道工事の車両でわかりにくくなっているけど、目指すお店は中華料理店の「揚子江」

「冷やし中華」が出ている

 これこれ。昨年から貼り出されていて気になっていたんだよね。
 お店に入ると、目の前の水道工事の影響か、お客さんは1人だけだった。テーブル席に座ると、お父さんもお母さんも「久しぶりだね」と声をかけてくれる。この2人と話をするのも、このお店の楽しみなんだよね。

「冷やし中華」(800円)を頼むと、お父さんは厨房に戻ってつくりだし、お母さんとしばしトーク。このお母さんがちょっと辛口で、「あんた、どうして選挙出なかったの?」などなど、いろいろと攻めてくる(笑)。
 お母さんと楽しく話をしていると、来ました、来ました。

これが「冷やし中華」

 これがこのお店の「冷やし中華」。具だくさんだねぇ。
 トップに紅生姜が乗り、玉子焼きにハム、かまぼこ、チャーシュー。そして裏側は……。

反対側はこんな感じ

 たっぷりのキュウリ。いいねぇ。食べ応えありそうだ。

自家製麺は冷水で〆ているからモチッとした歯応えがある

 具の間に箸を突っ込み、麺を引き出す。中太の緩い縮れ麺をまずはそのままズズズッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 このお店の麺は自家製なんだよね。冷水で〆ているから、いつもよりモチッとして歯応えがある。添えられているカラシを麺に少し塗ってはズズッと食べ、具材を口に放り込む。いやあ、旨い。
 スープが、酢がそんなにキツくないのも私にはいい感じ。

 お客さんが私1人になったので、お父さんも厨房から出てきて、いろいろトーク。今回はなぜか、うどんのつくり方で盛り上がってしまった。農協で地粉を買ってきて自分で打っているのだとか。私も以前から自分で打ってみたいと思っていたから、水と塩との分量配分とかを聞いたりなんかして(笑)。
 このお店のご夫婦と話をするのは本当に楽しい。

 聞けば、お店は昭和48年オープンというから、46年もこの地で頑張っているんだね。
「まだ大丈夫でしょ?」と聞くと、「そんなのわからないよ」とご夫婦同時に笑いながら答えてくれた。
 元気でいつまでも頑張って欲しいなぁ……そう思いつつ、私はお店をあとにした。




【DATA】
住所:東村山市萩山町5-2-5
電話:042-394-3525
営業時間:午前10時30分~午後3時/午後4時30分~8時
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2019/07/11 13:03 ] 【中華料理】 揚子江(萩山町) | TB(-) | CM(0)

2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.20

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



お得なちょい飲みセット

 先日、わが家の郵便受けにこんなチラシが入っていた。

「寿蘭」のチラシ

「富士山が見える中華レストラン」がウリの、久米川駅南口は 「西友」の7階にある中華料理店「寿蘭」のチラシだ。どうやら午後5時から7時までの2時間限定で、生ビール中ジョッキとツマミ2品のセットを500円で出すらしい。ツマミ2品のうち1品はザーサイなんだけど、もう1品は、

豚足、砂肝、枝豆、春巻、しゅうまい、メンマ、マーボー豆腐、若鶏の唐揚げ、棒棒鶏、ホイコーロ、カニ玉

の12種類の中から選べるのだという。これはお得なんじゃないかな。富士山が見えそうな晴れた日に行ってみようかな。



エッ?いつの間に!

「こたかの跡地が何やら別の店に代わってました。ぜひ、今度、足を運んでみてください」

 こんなコメントを先日いただいたので、「こたかの跡地」ってどういうことだろうと思いつつ、鷹の道を郵便局に向かって歩いてみた私。すると……エエッ、中華料理店の「二代目こたか」がなくなってる!!

いつの間にか「Kou」というお店に

 代わりに「Kou」という居酒屋が入っているようだ。いつの間にこんなことになったの? いやあ、知らなかったなぁ。「幸多加(こたか)」から「二代目こたか」にうまくお店を引き継いだと思ったんだけどなぁ。



釣り好きの皆さん、要チェックですよ

 府中街道沿いにあった「土方つり具店」

以前の「土方つり具店」

 府中街道の道路拡張のため閉店してしまった。残念に思っていたら、ナント、6月15日に市役所通りに移転して新たにオープンしたようだ。

新しくなった「土方つり具店」

 こちらが新しいお店。場所はそば屋の「八山庵」の並びで、ちょうど自然食品店「そら屋」の斜向かいという感じ。釣り好きな人は、要チェックのお店ですよ。フェイスブックページはこちら



70周年を機に建て替え

 先週かな、たまたま久米川駅周辺を歩いていたら、久米川駅北口は踏切のすぐ近くにある時計・貴金属のお店「金正堂」が「閉店セール」をしていたのでビックリ。

「金正堂」

「どういうこと?」と思いながらお店に近づいてみると、何やら貼り紙が……。

新社屋建て替えの告知

 見ると、どうやら新社屋を建てるために、このお店を一時的に閉めるということらしい。それにしても「70周年」って凄いね。東村山が市になる前からあったんだね。



超ショック!老舗和菓子店が閉店

 フェイスブック経由で先日、超ショックな情報をいただいたので、早速確認してきた。

亀屋

「超ショックな情報」とは、久米川駅北口の老舗和菓子店「亀屋」が閉店したというモノだ。行ってみると……。

閉店の告知

 うーん……どうやら6月30日をもって閉店したようだ。閉店もショックだけど、自宅から歩いてすぐの場所なのに、閉店に気づかなかったことが超ショック。いつものように幟が出ているから閉店とは思わなかったよ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.19

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



オープンするスーパー、閉店するスーパー

 久米川町は府中街道沿いに建設中だった「スーパーアルプス東村山店」。「6月下旬オープン予定」と告知してあったが、ホームページを見てもなかなかオープン日の告知がなく、「いつオープンするのかな?」と思っていたのだが……。

6月29日にオープンしたようだ

 6月29日にオープンしたようだ。確かに「6月下旬」ではあるが、ホント、ギリギリ6月にオープンしたという感じ。私の自宅から離れているので、なかなか行きにくいけど、近いうちに行ってみようと思う。

 新しいスーパーがオープンして喜んでいたら、スーパー関連で悲しい情報が飛び込んで来た。

丸正久米川八坂店

 八坂商店会にある「丸正久米川八坂店」が閉店するというのだ。確認しに、小雨が降る中、行ってみたら……。

閉店の告知

 閉店の告知が出ていた。7月13日(土)をもって閉店するようだ。24年間、この地で頑張って来たスーパーだったんだね。残念だけど、仕方がない。



地元キャンペーンを後押し?

 6月21日から「東村山黒焼きそば食べ歩きキャンペーン」がスタートしたのだが、まるでこのキャンペーンを後押しするかのように、コンビニの「ローソンストア100」が東村山黒焼そばに絡んだ新商品を発売した。

ローソンストア100

 ということで、私は久米川駅南口通りにある「ローソンストア100」に行ってみた。店内に入ってチェックすると……。

東村山黒焼きそば

 まずは定番の「東村山黒焼きそば」を発見。

サンドイッチ

 続いてサンドイッチのコーナーでも発見。「ランチパック」よりも黒焼そばがたっぷり挟んであって旨そうだ。

東村山黒焼きそば風おにぎり

 意外だったのがコレ。「東村山黒焼きそば風おにぎり」という、そばめしのおにぎり。まさか東村山黒焼そばに絡んだ新商品を3つも出しているとは思わなかったなぁ。
 私もキャンペーンを応援するために、東村山黒焼そばを食べ歩くとするかな。



こんな所に立ち飲み屋が

 東村山駅東口を背にしてロータリーの左側から1本裏手の道に入ると、飲食店が立ち並ぶ通りがある。フランス料理店の「リヴィエル・ドール」、寿司屋の「鮨孝」、焼き鳥店の「やへい東口店」、とんかつ店の「とん八」がある通りだ。
 以前はこのほかにも居酒屋やパン屋があったのだが、少しずつ減ってきている。
 その通りを先日、夕方ころにフラッと歩いたら……。

あられの店

「あられの店」? へぇ、立ち飲みのお店なんだ。だけど、こんなお店、あったっけ? 場所は「やへい東口店」の隣。一見すると、普通の家っぽいのだけど、実はお店だったんだね。知らなかったよ。いつからやっていたんだろう? また宿題店が増えちゃったよ(笑)。



焼き鳥店のお得な鶏ランチ

 2019年2月、久米川駅南口はモザーク通りにあった焼き鳥店「千串屋」「鶏心」と店名を変えてリニューアルオープンした。

鶏心

「千串屋」の時はランチもやっていたのだが、リニューアルと同時にランチはなくなっていた。でも、つい最近、お店の前を通ったら……。

ランチメニュー

 ナント、ランチを始めたようだ。しかも6月4日から始めたのだとか。いやあ、気づかなかったなぁ。
 メニューを見ると、「とろとろ卵の親子丼」や「唐揚げ定食」などすべて鶏料理。しかも500円~600円とお得だ。

こんなガッツリメニューも

 ガッツリ君のためなのか、こんなメニューもある。これは「小丼セット」だが、普通の丼とのセットもプラス150円でできるという。それでも値段は950円と、1000円以下。このランチはいいんじゃないの。食べに行かなきゃ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す56歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR